飲酒と抜け毛の関係

抜け毛の原因はいろいろあります。
飲酒と抜け毛はまったく関係ないようですが、
実は深い関係があるのです。

 

では、なぜ飲酒が抜け毛をもたらすのでしょうか!?

 

 

 

飲酒が原因で抜け毛が増える理由

適量の飲酒ならば、血行促進作用があるので有害とも言えません。

 

問題なのは、過剰な飲酒。
大量のアルコール摂取は、育毛に悪影響を及ぼすといいます。

 

 

髪の毛の構成要素であるタンパク質は、
アミノ酸のシステインやメチオニンなどによって生成されます。

 

摂取したアルコールは肝臓で分解されますが、
分解に必要な成分はシステインやメチオニンなのです。
つまり肝臓が多量のアルコールを分解するためには、
大量のシステインやメチオニンが必要となります。

 

アルコール分解にアミノ酸が使われてしまうと
髪の毛生成のためのアミノ酸が不足してしまい髪の形成に悪影響を及ぼします。

 

毎日のように多量に飲酒していると毛髪の形成が妨げられ、
弱々しい毛髪しか生えてこなくなり、抜けてしまうのです。

 

 

また過度の飲酒は、睡眠の質を下げてしまいます。
髪は主に睡眠時間に分泌される成長ホルモンによって成長しますが、
睡眠の質が悪いと髪の成長効果は半減してしまうのです。

 

 

 

飲酒による抜け毛対策

日常的に飲み過ぎることは控えましょう。
飲酒はほどほどに。
お酒を飲んだらサプリメントを摂るのも良いでしょう。