喫煙と抜け毛の関係

抜け毛の原因はさまざま。
喫煙と抜け毛はまったく関係ないようですが、
実は深い関係があるのです。

 

では、なぜ喫煙が抜け毛をもたらすのでしょうか!?

 

 

 

喫煙が原因で抜け毛が増える理由

ビタミン不足
たばこを吸うと大量のビタミン類が消費されます。
たばこ1本の喫煙でビタミンCは約25mg減ります。
さらにビタミンB群やビタミンEまで体内から減少します。

 

ビタミン類が不足すると髪に栄養が届かず成長の妨げになります。

 

 

血行不良
たばこに含まれるニコチンは血管を収縮させる作用があります。
血管が細くなると栄養を運ぶ効率が低下、髪の成長を遅らせてしまいます。
結果、抜け毛につながってしまいます。

 

血行がよいかどうかは目に見えないので
さまざまな要因で気付かないうちに血行が滞ってしまいます。

 

髪に栄養を届けることはハゲ予防に不可欠なのです。

 

 

男性ホルモン増
ある調査によると喫煙は男性ホルモンを増加させるといわれています。
男性ホルモンが増加すると抜け毛が促進される可能性があります。

 

 

 

喫煙による抜け毛対策

喫煙を止めることが一番。

 

ただ喫煙者にとって禁煙することは至難の業。
禁煙外来を受け付けている病院もあるので利用すると良いでしょう。
一定の要件を全て満たせば、保険も適用されます。

 

どうしても止められない人は、本数を減らしたり、
定期的にサプリメントを服用すると良いでしょう。