遺伝による抜け毛 | 遺伝するハゲ対策

「母方の祖父がハゲなら自分もハゲる」という可能性はかなり高いようです。
ハゲてしまったら「ズラ」や「植毛」をしようと諦めていませんか。
抜け毛が増える前にやるべき対策はあります!

 

ハゲが遺伝する理由

男性型脱毛症が遺伝する要素は2つ。
ひとつは「5α-リダクターゼ」という還元酵素で男性ホルモンをより強力にに変換します。
もうひとつは、この強力な男性ホルモンに敏感かどうかの「感受性」という性質の遺伝。

 

男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」に「変身する力」と「反応する力」が加わるとハゲてしまうのです。

 

 

「母方のおじいちゃんがハゲていたら自分もハゲる」というのは、「感受性」の遺伝によるもの。
ハゲが遺伝するかどうかはこの「感受性」と「5α-リダクターゼ」の酵素活性のバランスによって決まるようです。

 

 

遺伝による抜け毛対策

将来、自分はハゲるだろうと思う人は、少しでも薄毛の原因になる要因を取り除く努力は大切でしょう。
一番のおススメは、AGA治療に使われる「フィナステリド」。
日本の病院で処方されるフィナステリド含有の薬は「プロペシア」ですが、高いのでネットで格安に購入できるジェネリック医薬品の「フィンペシア」がいいでしょう。

 

「遺伝」に心当たりがあるなら、薄毛になる前に開始しましょう!