ミノキシジルの通販比較

ミノキシジルは、アメリカ食品医薬品局(FDA)に認可された育毛剤で、その効果には高い評価があります。

 

日本国内では、リアップ、海外では、ロゲイン、ポラリスなどの頭皮に塗るタイプやミノキシジルタブレット、ロニタブなどの飲む錠剤タイプまでさまざまな商品があります。

 

実際にどの商品がどの程度、効果があり、また副作用があるのかは、個人差があり、使ってみなければ分かりません。
特にミノキシジルは、効果が高い分、副作用のリスクがあります。
副作用には十分注意しながら使いましょう。

 

 

また、ミノキシジルの使用効果をみるには最低でも半年以上必要とされるため、飲み続ける期間が長くなり、経済的な負担がどのぐらいなるかは、利用者にとって大きなことです。

 

 

当サイトではミノキシジルによる発毛効果や副作用を解説するとともに、より高い効果が期待できる海外のミノキシジル含有の育毛剤をランキングしています。

 

 

 

ミノキシジル育毛剤ランキング

育毛効果・人気度からランキング。
初めて使う人は副作用に注意しならが少量から。

 

発毛効果No1!最強とも言われる飲む育毛薬ミノキシジルタブレット。

効果が高い分、副作用には注意したい!
フィンペシアとの併用で相乗効果に期待大!
ミノタブには5mgと10mgがある。初めて使う人は服用量に注意。

 

 

 

FR15はミノキシジル濃度15%の育毛剤。

ミノキシジルの他に育毛に有効な成分が豊富に含まれている。
フォリックスシリーズには5~16%のラインナップがある。
使い始めは5%のFR05がいい。

 

 

リアップ・ロゲインのジェネリック。

ミノキシジル濃度5%。ミノキシジル初心者におススメ!
圧倒的に安いのが最大の特徴、リアップX5と価格比較してほしい!

 

 

 

ミノキシジルの使用について

元々、ミノキシジルは、血管を拡張し、血圧を下げる効果のある薬として、1970年代からアメリカで使われていた薬で、当然、薬には多かれ少なかれ副作用が起こる可能性があります。

 

 

 

ミノキシジル使用による副作用はほとんどの人には、起こらないか起こっても軽微ですが、医師の診断や体質や他の薬との組み合わせなどによる副作用がないかなどの安全性・確実性を高めることを行わずに、海外から直接購入もできる薬なので、副作用には十分注意しましょう。

 

 

 

国内で主に報告されているミノキシジルの副作用には、頭皮のかゆみ、、発疹やかぶれ、ふけ症など。
その他、まれに頭痛や全身の発汗、むくみなどの症状が現れることがあります。
いずれも服用を中止することにより、副作用の症状も無くなりますが、持病がある方や心配な方はあらかじめ医師の診察を受けてから、その利用を検討するようにしましょう。

 

 

 

ミノキシジルの使用は自己責任において行ってください。

 

 

 

効果は高く、安い方がいい

ミノキシジルの効果をみるには最低でも半年以上必要とされるため、飲み続ける期間が長くなり、経済的な負担がどのぐらいなるかは、利用者にとって大きなことです。

 

 

 

国内ではミノキシジル含有の医薬品は、リアップまたは専門治療機関での処方となりますが、かなり高価。
高い効果があり、低価格を希望するのであれば、医薬品の個人輸入代行のサイトを利用するのがよいでしょう。

 

 

プロペシア・リアップで効果が出ない

日本国内のAGA(男性型脱毛症)の専門治療機関では、「プロペシア」を使った治療が、広く行われています。
また、ミノキシジル含有の塗るタイプのリアップが人気です。

 

 

 

これらのプロペシアやリアップで効果が出る人もいますが、効果が出ない人も少なからずいます。

 

 

 

 

 

そこで次にチャレンジすべきオススメがミノキシジル含有の飲む錠剤。
プロペシアやリアップで効果が出なかった人が、ミノキシジルタブレット、ロニタブなどの飲む錠剤を服用することで、驚くほどの効果が出ることも多々あるのです。

 

 

 

ミノキシジルタブレットのように飲む内服薬は体内に取り込むため、頭皮に塗布するタイプよりも、有効成分が直接作用するため、より高い効果が期待できるからです。

 

 

 

ひとつのオススメはプロペシアのジェネリック医薬品の『フィンペシア』と『ミノキシジルタブレット』を併用して服用すること。
ミノキシジルタブレットについてはこちらも。
ただし、効果が高い分、副作用にも十分注意する必要があります。

 

 

ミノキシジル育毛剤の種類

国内ではミノキシジル系育毛剤はリアップのみ販売されていますが、海外にはさまざまなミノキシジル系育毛剤・育毛薬があります。
それぞれの特徴を比較してアナタに最適な育毛剤を見つけましょう!

 

 

 

錠剤タイプ

飲む育毛薬は、体内に取り込むため有効成分が直接作用、頭皮に塗るタイプより高い効果が期待できると言われています。

 

ノキシジルタブレット
最もポピュラーで人気。これをミノキシジルタブレットとも呼ぶことも。タイ製。

 

ミノキシジルタブレット
ボトルに入った錠剤。米国製。

 

ロニテン
米国ファイザー社の正規品。価格は高い。

 

ロニタブ
インドのインタスファーマ社製のロテニンのジェネリック。

 

それぞれ5mg、10mgの錠剤があります。
主要成分は何れも同じで効果も同じと考えられます。
違いは価格。価格はそれぞれ大きく違います。

 

 

 

 

塗布タイプ

リアップ
国産ミノキシジル育毛剤。1%と5%。価格は高い。

 

ロゲイン
元祖ミノキシジル育毛剤。米国ファイザー社製。

 

カークランド
ロゲインのジェネリック。効果は同じで激安が最大の特徴。

 

ポラリスNR-07
ミノキシジル5%。アゼライク酸、りんごポリフェノール、Lリジンなども配合。
高い浸透技術が特徴。

 

ポラリスNR-08
ミノキシジル7%。りんごポリフェノール、アゼライク酸などを配合。
生え際発毛にも効果が期待できる。

 

ポラリスNR-09
ミノキシジル15%。ミノキシジルに加え、アップルポリフェノール、ポソーム・カプセル、銅ペプチド、アデノシンなどを贅沢に配合。

 

ポラリスNR-10
ミノキシジル16%のクリームタイプの育毛剤。
すでに進行してしまった抜け毛に対しても効果が期待できる。

 

ポラリスNR-11
ミノキシジル12%。臭いやベタツキを減らした改良版。
痒みが出にくいというのも大きな改善点。

 

ジェンヘアー
ミノキシジル5%と15%の製品がある。用途に合わせて商品を選べる。

 

ツゲイン
ミノキシジル2%、5%、10%の製品がある。
価格が安いのが大きな特徴。

 

スペクトラル
ミノキシジル2%、5%がある。用途に合わせた商品構成。

 

アクタビス
ミノキシジル濃度は5%でロゲインやリアップX5と同じで、期待できる効果も同じ。
価格が安いので、ブランドにこだわらず、ミノキシジルを試したい人におススメ!

 

 

シャンプー

ポラリスNR-02
ミノキシジルとフィナステリドが配合されいるシャンプーです。
徹底して育毛するときに育毛剤と併用すべし。

ミノキシジルには塗るタイプ(外用薬)と飲むタイプ(内服薬)があります。実はこの2つには大きな違いがあります。その違いを理解せずに安易に始めてしまうと後で後悔してしまうことにも。そこで今回は、塗るミノキシジルと飲むミノキシジルの違いについて解説します。■塗るミノキシジルと飲むミノキシジルの製品について頭皮に直接塗るタイプの外用薬には「リアップ」や「スカルプD メディカルミノキ5」などがあり、発毛効果...

発毛のメカニズム毛髪の根にあたる毛根の中心部には、毛母細胞に囲まれた毛乳頭と呼ばれる部位があります。毛母細胞は髪の毛を作る役割を果たしていて、毛母細胞が分裂・増殖を繰り返すことによって髪の毛は成長していきます。毛乳頭は、発毛に必要な栄養素や酸素といったエネルギーを、毛細血管を流れる血液から取り込み、毛髪生成の指示と共に毛母細胞に送り出します。そのため、頭皮の血行の良し悪しは、直接発毛に深く関与して...

ミノキシジルはもとは高血圧治療のための血管拡張剤として処方されていた医薬品です。ミノキシジルを頭皮への塗布したり、ミノキシジル錠剤を用すると、副作用を発症する可能性があります。また、健康状態によっては服用を控えた方がよい場合もありますので、注意事項をきちんと把握しておく必要があります。ミノキシジルの主な副作用最も多いミノキシジルの副作用は頭皮のかゆみ。アレルギーにより炎症を起こす人もいて、発疹やか...

ミノキシジル系育毛剤は高い発毛効果を発揮する反面、副作用を発症する可能性があります。重篤な副作用を発症する人はほとんどいませんが、全利用者の10%ほどは副作用が認められています。特に多い副作用としては、ミノキシジルを外用薬として利用した「頭皮のかゆみ」。また湿疹やフケなどの症状も。私もリアップやロゲイン、ポラリスを使って、頭がかゆくなりました。頭皮のかゆみは副作用とまで言えるか分かりませんが、でき...

「ミノキシジルを使い始めたら逆に抜け毛が増えた」という人がいます。この症状はミノキシジル使用開始後、1~2ヶ月くらいに起こり、『初期脱毛』と呼ばれています。初期脱毛の症状初期脱毛はミノキシジルを服用後、3.4週間目から約7~10日間程抜け毛の量が増える現象をさします。ミノキシジルを服用して、間もなく抜け毛が増えるので、ほとんどの人が驚いて、薬が自分に合わないと思い薬の使用を止めてしまう人もいます。...

生え際の発毛が困難な理由代表的な男性型脱毛症の症状のひとつに、生え際の後退があります。額のそりこみの部分が徐々に後退し、正面から見るとアルファベットのMの形に見えるため、『M字型』とも呼ばれています。このM字型は他の脱毛症状に比べ、特に改善が困難と言われています。生え際は薄毛の最大原因と言われるDHTという男性ホルモンの影響を最も受けやすい性質があり、男性ホルモンが最も多く存在している部分なのです...

アメリカ食品医薬品局(FDA)により初めて育毛剤として認可されたミノキシジルの錠剤タイプである「ロニテン」のジェネリック医薬品名。純正品の製品名が「ロニテン」でジェネリックの製品名が「ミノキシジルタブレット」になります。略して「ミノタブ」と呼ぶこともあります。いくつかの医薬品メーカーが製造していますが、最も人気なのがタイのT.O. MED社製のミノキシジルタブレット(Noxidil)シートタイプ5...

ミノキシジルタブレットには、1錠につきミノキシジルが5mg含有しているものと、10mg含有しているものがあります。通常、1日に1錠(5~10mg)を服用します。ただ、特に飲み始めは、通常の量を飲みだすと体に異常をきたすおそれがあるので、まずは5mgをピルカッターなどで半分に割り、1日に2.5mgずつ服用するとよいでしょう。1週間程度、2.5mgずつを服用し、体に異常がなければ、5~10mgに増やし...

ミノキシジル注射の効果ミノキシジル注射は外用薬や内服薬に比べ、直接薄毛部分に成分を注入すること、即効性と効果の高さが高く、最も効率のよい治療法であると言われています。リアップやロゲインなどの塗るタイプは20%程度しか吸収できないと言われています。また局部に塗布するため、副作用は出にくいです。ミノキシジルタブレットなどの内服薬の場合は、頭髪への到達は約50%で、効果が半減してしまうようです。内服薬の...

ミノキシジルが含まれるシャンプーにはどんな商品があり、どのような効果・副作用があるのでしょうか?ポラリスNR-02 ミノキシジル+フィナステリド+αシャンプー効果『ポラリスNR-02 ミノキシジル+フィナステリド+αシャンプー』という長い名前のシャンプー。名前の通り、ミノキシジルとプロペシアの成分であるフィナステリドが含まれています。ミノキシジルとフィナステリドが配合されいますので、育毛効果が高い...

リアップの有効成分であるミノキシジルは、直接毛母細胞に働きかけ、毛母の細胞分裂を活性化させ、髪成長を早める働きをします。ミノキシジルを使った育毛剤は世界各国で販売されていて、名前は違いますが、基本的な成分はほぼ同じで、主要な製品であれば、同様の効果を得ることができます。一番の違いは価格で、海外の商品なら、かなり格安に入手することができます。育毛剤は長期間、使用するものですから、効果が同じなら、安い...

壮年性脱毛症の女性に効果的女性でも薄毛で悩む人が増えています。特に壮年性脱毛症で悩む女性なら、ミノキシジルが含まれる育毛剤で改善する可能性が高まるでしょう。「壮年性脱毛」とは、基本的に「男性型脱毛」のことで、これは男性ホルモンの影響で抜け毛が増えてなるものです。女性も卵巣や副腎が男性ホルモンを作っていますから、ストレスや年齢、生活習慣などの影響で男性型脱毛症を発症して、生え際が後退したり、頭頂部が...

当サイトではミノキシジルを含有する、より効果が期待できるロゲインやミノキシジルタブレットなどの通販を行っているサイトを価格・信頼性・特典などの点で比較しています。ロゲインやミノキシジルタブレットは国内では販売されていないので、ショップでは個人輸入代行になります。オオサカ堂1998年より海外医薬品の個人輸入代行を開始、リピーターも多いです。最先端を進む海外から国内には無い優れた商品を開拓し、提供して...

塗るタイプと服用タイプがあるミノキシジル系育毛剤。どんな効果が出る?出ない?また副作用は?ミノキシジル使用者の体験・口コミを参考にしましょう!ミノキシジルタブレットの育毛体験・口コミポラリスNR-08の育毛体験・口コミミノキシジルタブレットの発毛体験談ミノキシジルタブレットの初期脱毛⇒発毛体験談リアップX5を使った育毛体験

最強と言われるミノキシジル含有の育毛剤。国内ではリアップのみですが、海外にはさまざまなミノキシジル育毛剤があります。それぞれの特徴・効果・価格を比較して自分に最適な育毛剤をを見つけましょう!フォリックス育毛剤の比較カークランドの効果・通販スペクトラルDNCの効果・通販ジェンヘアーの効果・通販ロゲインの効果・通販ツゲインの効果・通販アクタビスの効果・通販

世界トップの売り上げを誇る米国の製薬会社。1849年、ニューヨークで創業。1950年、日本へ進出。医療用医薬品、動物用医薬品を研究・開発・製造・販売、世界をリードする研究開発型の製薬企業。循環器系・中枢神経系・感染症・泌尿器系・眼科系・ガン・内分泌系など幅広い疾患分野で事業展開。新薬開発や特許が切れた医薬品、ジェネリック医薬品も提供。ファイザーは、巨額の研究開発投資を行い、ゲノム研究をはじめ、たん...

ロゲインのジェネリック育毛剤。Pacific Pharmaceuticals社製製造国:ニュージーランドヘッドウェイの有効成分はミノキシジル。濃度も5%なので、ロゲイン5%と同様の効果が期待できる。価格はロゲインより安い。ヘッドウェイの有効成分であるミノキシジルは、高血圧改善の経口投与剤として開発されたが、副作用として多毛症が見られ、脱毛改善薬として開発された。 .ミノキシジルは臨床試験で高い効果...

プロピレングリコール(PPG)は食品添加物の一種。麺類などの品質保持剤として用いられるほか、着色料、着香料など他の添加物の溶剤や不凍剤、合成樹脂の原料などに用いられている。一般的には、世界中のかなり多数の育毛剤にこの成分が含まれています。ミノキシジル系の育毛剤にも使われることが多い。プロプレングリコールは防腐剤の役割を果たし、またミノキシジルと他の油容性原料を希釈するためのに使用します。プロプレン...