PDE5とは

PDE5とは

PDE5とは勃起持続化学物質を分解してしまう酵素。
PDE5の分泌量の増加が勃起障害の原因のひとつとされています。

 

PDE5とレビトラの関係

ペニスには、陰茎海綿体と尿道海綿体で構成され、
海綿体に血液が充満することで勃起状態になります。

 

脳内で刺激を感知するとペニスの海綿体へ血流量を増やす指令が出されます。
するとりペニスに血液を送る動脈をひろげる「cGMP」が伝達され勃起状態になります。

 

勃起が収まるのは、「cGMP」の分泌が減少し「cGMP」を分解する「PDE5」が作用し、
動脈が細くなり、血流量が減るためです。
本来、「cGMP」と「PDE5」がバランスを取り合い、状況にあわせて調節しあっています。

 

しかし、さまざまな要因により「PDE5」の働きが活発になり過ぎると
充分に勃起を維持することができなくなります。

 

バイアグラやレビトラなどは、この「PDE5」の働きを阻害して
「cGMP」の量を増やし勃起させようとする薬です。