バルデナフィルとは

バルデナフィルは、レビトラに含まれる成分で、特定部位における血管拡張作用により、勃起不全・勃起障害の治療に用いる医薬品成分。

 

勃起持続化学物質を分解してしまう酵素PDE5を阻害し、勃起を持続させる効果があります。

 

バイアグラの成分であるシルデナフィルと同様、ホスホジエステラーゼ5阻害剤に分類されるます。
バルデナフィルは、シルデナフィルと似通っていますが、より進化した構造になっています。
その違いは、体内への吸収が速やかなため、即効性がある、食事の影響を受けにくい、 臓器選択性が高いため陰茎海綿体以外での作用が少ない、副作用が軽微などです。
バルデナフィルは、シルデナフィルを改良版いえるでしょう。

 

 

バルデナフィルとシルデナフィルの違い

レビトラの成分である『バルデナフィル』は、バイアグラのシルデナフィルより「速効性」「持続性」に違いがあります。

 

レビトラはバイアグラと比べ、ED治療薬としての作用メカニズムはほぼ同様ですが、後発品であるため、バイアグラの問題点が大きく改善されています。

 

バイアグラは食事の影響を受けますが、レビトラは食後すぐの服用でも効果が減少することは無く、しかも作用に要する時間も15~20分とバイアグラの半分程度で、即効性が高く、効果の持続時間は10mg服用で4時間程度、20mgの場合は最大で8時間程度まで維持することが可能となっています。
さらにレビトラは糖尿病患者などの使用についても危険性はバイアグラよりも改善されていたり、脊髄損傷者の使用においても高い有効性が認められたと言われます。

 

■即効性
バイアグラは服用してから効果があらわれるまで40~50分かかりますが、レビトラは15~30分程度で効きはじめます。

 

■食事による影響
バイアグラは食事の影響を受けると最大血中濃度に達するのに3時間程かかりますが、レビトラは空腹時と満腹時で比較しても最大血中濃度に達する時間の違いは見られません。

 

■併用不可の薬
バイアグラにも併用禁止の薬がありますが、レビトラは降不整脈薬とαブロッカーと呼ばれる降圧薬なども併用は控えるべきと併用不可の薬の種類が多いです。

 

■薬の用量
薬の効果はレビトラ10mgがバイアグラ50mgに相当します。

 

■効果の持続時間
バイアグラ50mgで4時間、
レビトラ10mgで4時間、20mgで8時間程度、効果が持続します。

 

■価格
バイアグラ、レビトラどちらもほぼ同価格です。