バリフが人気なワケは!?

バリフはバルデナフィル(Vardenafil)を主成分とするレビトラジェネリック。

 

なぜ「バリフ」は人気なのでしょうか!?
その理由は、
■圧倒的に格安
■即効性がある
■持続性が十分ある
■飲酒・食事の影響を受けにくい
■副作用が少ない

 

レビトラジェネリック(バリフ)20mg  20mg 30錠⇒ \3,141

 

 

圧倒的に格安

バリフは他のED治療薬より劇的に安い。

 

例えば、
バリフ 20mg×30錠: 4,201円 ⇒1錠当たり140円

 

一方、
レビトラ20mgX4錠:7,080円      ⇒1錠当たり1,770円
バイアグラ 50mg×30錠: 139,848円 ⇒1錠当たり4,660円
シアリス 20mg×4錠:7,020円     ⇒1錠当たり1,755円
カマグラ100mgX4錠:1,899円     ⇒1錠当たり474円
メガリス20mgX4錠:2,019円      ⇒1錠当たり504円

 

ここからも分かるようにバリフの安さは顕著。
一錠あたりがハンパなく安い。
レビトラのジェネリックなので同様の効果が期待できます。
医療機関からの購入が考えられなくなります。

 

即効性がある

バリフは、すぐに効くという特徴があります。
服用して効きはじめまで15~30分程度。
バイアグラは30~60分程度かかります。

 

この差は大きいのでは!?
例えば、Hできるかどうか分からないとき食事・飲酒した後、
ホテルに入ってから飲んでも十分間に合います。

 

前もって飲んでHできなかったら無駄になってしまいますので。

 

持続性が十分ある

バリフを飲んで効果が持続する時間は、
10mgで4時間、20mgで8時間と十分あります。

 

レビトラジェネリック(バリフ)20mg  20mg 30錠⇒ \3,141

 

飲酒・食事の影響を受けにくい

バイアグラは、食事の影響を受けやすく、食後飲んでも十分な効果が期待できません。食後1時間以上経過してからの服用とされています。
これではいざというときに使えません。

 

一方、バリフは食事の影響を受けにくく、食後飲んでも十分強さを期待できます。

 

バイアグラは食事の影響で最大血中濃度に達するのに
3時間程かかると言われていますが、バリフは食前・食後とも
最大血中濃度に達する時間の違いはありません。

 

副作用が少ない

バリフは、バイアグラなど比べて副作用が少ないと言われています。

 

バリフの副作用として最も多いのが「顔のほてり」。
顔が火照ったり、赤くなるのはほとんどの人に現れます。
通常であれば15~20分程度で治まります。
逆に顔がほてってきたら薬が効いている証拠。
準備OKとも言えるでしょう。

 

まれに頭痛、胃痛、めまい、鼻水、鼻づまりなどが起こるリスクがあります。

 

「顔のほてり」や「頭痛」などは、通常、放置しても問題はないようです。
顔のほてりに関しては通常であれば15~20分程度で収まります。

 

また頭痛になりやすい人は、頭痛薬との併用で頭痛を抑制できる可能性があります。

 

重篤な副作用は報告されていませんからバリフは副作用の少ない薬と言えるでしょう。

 

ただし持病がある人は医師に相談しましょう。

 

レビトラジェネリック(バリフ)20mg  20mg 30錠⇒ \3,141