レビトラとアルコールの関係

レビトラは比較的アルコールや食事の影響を受けにくい薬です。

 

しかし、過度な飲酒は、勃起障害を増悪させます。
よって過度な飲酒後に服用した場合、効果が期待通り現れません。

 

ほどよい飲酒ならリラックス効果をもたらし、性欲が増加し、レビトラの効果を引き出すことが可能です。

 

飲酒により、副作用が増加する場合がありますので、注意しましょう。

 

ED(勃起障害)ではない健常者でも過度の飲酒をすると勃起しなくなるものです。
性行為を行うつもりなら、飲酒は程々にしましょう。

 

 

食事をする場合

食事中、食事後にレビトラを服用すると空腹時に比べて効果の発現時間が遅れたり、 効果自体も半減することもありますので、なるべく空腹時に服用するようにしましょう。

 

食事をする場合は空腹時に服用して食事の前にレビトラを体に吸収させてしまえば、 食事をしても食事の影響はありませんので、食前30分程前に服用するのが効果的です。
30分程度あれば、体内に吸収されます。

 

やむを得ず食後に服用する場合はなるべく脂っこいものをさけ、 比較的あっさりしたものを腹7分目くらいに抑えて、その後2時間くらいは時間をあけてから服用する方がよいでしょう。

 

よくレビトラは食事の影響を受けないと言われておりますが、それは間違いです。 確かに構造上
レビトラはバイアグラよりも体への吸収が早い分、バイアグラよりも食事の影響が受けにくいですが、食事の影響は少なからずありますので注意しましょう。

 

 

グレープフルーツ、グレープフルーツジュースを食した後にレビトラを服用すると血中濃度が上がりすぎるなど過度の副作用が引き起こされることがありますので注意が必要です。