レビトラの効果時間

レビトラの最大のメリットと言われているのが即効性や効果が長く続くこと。

 

また食事やアルコールの影響を受けにくいということも特徴のひとつ。
即効性と合わせて服用のタイミングを見極めやすくなっています。

 

 

レビトラ、バイアグラ、シアリスの効果時間の比較

 

レビトラ(5,10,20mg)
効きはじめ:15~30分程度
10mg:4時間
20mg:8時間
食事の影響を受けにくく、早く効き、副作用が少ない。

 

バイアグラ(25,50mg)
効きはじめ:30~60分
25mg:4時間
50mg:8時間
食事の影響を受けやすく、食後1時間以降に服用とされています。
効きはじめに時間がかかる。
知名度は抜群。

 

シアリス(5,10,20mg)
効きはじめ:30~60分
10mg:36時間
食事の影響を受けない。
作用時間が長く、副作用は少ない。
服用後の自由度の高さが人気。

 

 

効果を得られない場合

初めてレビトラを使用する場合は、5mgの錠剤から試しましょう。
レビトラは、1日1回まで24時間以上あけて使用します。
5mg1錠で効果がないからといって、薬を勝手に追加して飲まず、5mg1錠で何回か試してみて、副作用がなく安全と判断されたら、10mg1錠を内服して、効果と副作用を試してみます。
日本人は、多くの人が10mgで効果があり、副作用も少ないことが確認されています。

 

 

10mgで効果がない場合は、20mgまで増量することが可能ですが、この場合は、担当医とよく相談することが大切です。

 

両者の効果や副作用については個人差もあり一概に言えませんが、バイアグラの効果に不満だったり、副作用に困っている人は、一度レビトラやシアリスを試してみるのも良いでしょう。