花粉症薬アレグラのジェネリック医薬品なら通販で格安に入手できる

アレグラはフェキソフェナジン塩酸塩が主成分の花粉症の治療薬です。
副作用の眠気が緩和されて多くの人が服用する人気の薬で病院処方やドラッグストア、ネット通販などから入手できます。

 

またアレグラにはジェネリック医薬品があり、ジェネリックであればかなり格安で入手できます。
アレグラの純正品とジェネリック品の主成分は同じなのでアレグラを使ったことがある人であれば、ジェネリック品の購入も検討してみてもよいのではないでしょうか。

 

 

■アレグラ純正品の価格

国内で販売されている製品は

 

製品名:アレグラFX
製薬会社:久光製薬
1錠当たり:60mg
参考価格
14錠:1,200円(1錠当たり85円)
28錠:1,500円(1錠当たり53円)
56錠:2,500円(1錠当たり45円)

 

 

 

〇通販で入手できるアレグラのジェネリック
日本のアレグラFXは1錠当たり60mgですが海外のジェネリック品は1錠当たり120mgなので半分にカットして使います。(ピルカッターなどを使うと簡単に半分にできます。)

 

[アレグラジェネリック]フェクサディン(Fexadyne)120mg 【1箱20錠】
1箱20錠
1錠当たり:120mg
1箱:1,288円(1錠120mg当たり64円、1回当たり32円)
2箱:1,767円(1錠120mg当たり44円、1回当たり22円)
3箱:2,193円(1錠120mg当たり36円、1回当たり18円)
※1錠当たり120mgなので半分にカットして服用しますので1回分60mg当たりの価格は半額になります。

 

 

[アレグラジェネリック]フェキソフェナジン(Fexofenadine)120mg 【1箱30錠】
1箱30錠
1錠当たり:120mg
1箱:1,745円(1錠120mg当たり58円、1回当たり29円)
2箱:2,428円(1錠120mg当たり40円、1回当たり20円)
※1錠当たり120mgなので半分にカットして服用しますので1回分60mg当たりの価格は半額になります。

 

 

市販のアレグラFXは服用1回当たり45円となりますが、ジェネリックであれば、服用1回当たり18円と圧倒的に安くなるのが分かります。

 

 

■ジェネリック購入のメリット・デメリット

〇メリット
・費用をかなり抑えられる
・安いのに効果は純正品と同じ
・送料無料

 

〇デメリット
・医師に相談できない
・海外から送られてくるので時間がかかる
・1錠当たり120mgなので半分にカットするのが手間(ピルカッターがあると便利)

 

症状が現れてから購入するのでは間に合わないので早めに購入しておきましょう。
間に合わせで市販品を1箱買って2箱目からジェネリックを使うこともできます。

 

 

■アレグラジェネリックの用法・用量

成人の用法:
1回60mg(ジェネリックの場合1錠120mgなので半錠)
1日朝晩2回(一般に食後)

 

作用時間:
薬を服用して効果が現れるまでの時間は、1~2時間程度です。
効果のピークは約2時間後、効果が半減するのが約10時間後とされています。
アレグラの効果の持続時間は、1回の服用で8~12時間なので1日2回飲むことでほぼ24時間をカバーすることになります。

 

服用開始時期:
症状が出たらすぐに服用するようにしましょう。
花粉症などのアレルギー性鼻炎に使用する場合は、花粉飛散予測日から始めるとより効果的です。
継続して服用することで効果が得られます。

 

併用禁忌:
制酸剤(胃酸を中和し、胃の粘膜を保護する薬)、エリスロマイシンを服用している人は医師に相談しましょう。
その他の薬を服用している場合も医師に相談した方が無難です。

 

 

■アレグラジェネリックの効果・副作用

〇効果
スギ花粉症・ヒノキ花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎、ハウスダストやダニで起こる通年性アレルギー性鼻炎によりおこるくしゃみ・鼻みず・鼻づまりの症状を改善します。
目のかゆみにもそこそこ効きますが、目のかゆみには点眼薬を併用するとよいでしょう。
また蕁麻疹、皮膚疾患、アトピーの皮膚のかゆみを抑える効果が期待できます。

 

もしアレグラを試してみて効かなかった人は、アレジオンを試す人が多いようです。

 

〇副作用
アレグラは、第2世代抗ヒスタミン薬なので中枢神経抑制作用や抗コリン作用が弱く、眠気や口の渇きなどの副作用が抑えられています。

 

副作用の確率は1%未満ですが、報告されている副作用として頭痛、眠気、口の渇き、声のかすれ、喉のかゆみ、吐き気、腹痛、めまい、倦怠感、胃腸炎、かゆみ、潮紅、発疹、動悸、食欲不振などあります。
もし異変を感じたら速やかに医師に相談しましょう。

 

極まれにアナフィラキシーショック、肝機能障害、黄疸、無顆粒球症、白血球減少、好中球減少などが起こります。

 

 

■アレグラジェネリック服用によるレビュー

 

・2月頃からの花粉症にいつも悩まされ、以前は病院でアレグラを処方してもらっていました。
病院に行く時間も大変ですし、診療代・薬代もそこそこ掛かっていましたが、ネットでジェネリックを購入できるようになり随分、時間もお金も節約できてとても助かってます。

 

 

・私はハウスダストや猫アレルギーが昔からひどく、普段は健康なのに猫のいる家や機密性の高い部屋にいると急に体調を崩し困っていました。
耳鼻科に通うのも仕事の休みを取らなければならなかったり、望む薬をもらえなかったりしていたので思い切ってこちらで購入してみました。
私の場合、必要な時のみ60mgを1日2回服用します。
ピルカッターで半分にし、アレルギーが起きそうな時期のみに服用しています。
完全に症状が無くなりはしないのですが、だいぶ軽減されます。

 

 

・フェクサディンの効き目はアレグラと全く変わらず、助かっています。
基本は「ピルカッター」で半分にして、1回60mgを1日2回服用、痒みがひどいときは1日3回服用と調節しています。
ピルカッターも三角部分のサイズが合う位置に錠剤をきちっと置き、思い切りバチッと切断するときれいに半分に切れますよ~ (^o^)
5箱購入しても3000円以下。本当に助かります。

 

 

・全く症状が出なくなる訳ではありませんが、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりのすべてがかなり改善されました。
たまにくしゃみも鼻水も出ますが服用していない時と比べればかなり楽になります。
特に副作用らしものは感じませんでした。
目の痒みはアレグラでの改善は難しいみたいなので専用目薬を使ってます。

 

 

・花粉症対策でピルカッター付きアレグラジェネリック120mgを購入、半分にカットして1日2回服用しました。
効果はアレグラと同じ。来年もリピート予定です。

 

 

・ジェネリックの効き目は先発品と変わらないのに安いのでとても重宝しています。
私の場合、花粉症だけでなく長期に渡って使うので経済的にもありがたいです。

 

 

・1錠120mgのフェクサダインはピルカッターで半分にカットして使います。
1回あたりのコストは純正品より圧倒的に安くなるのでとっても助かります。

 

 

・私の場合、1年を通じてアレルギー症状があり、私にとってはアレグラは少し効き目が弱いようです。
症状が軽いときはアレグラ、症状がひどいときはザイザルと使い分けてます。
ザイザルは眠気がつらいのでできれば使いたくなのですが。良い点は安いこと。

 

 

・いろいろな花粉症の薬がありますが、アレグラジェネリックは効き目が速く、飲んでも眠くならないので助かります。

 

 

・急にくしゃみ・鼻水などのアレルギー症状が発症する事が有り、仕事中は困る事が有るので購入しました。
効果は有りますが、眠たくなるので車を運転する場合は注意が必要かと思います。