更年期の薄毛|原因・対策

女性の場合、加齢とともに、特に更年期を境に薄毛になるケースが多い。
女性としては何としても薄毛になるのは避けたいところ。

 

なぜ急に抜け毛が増えるのでしょう!?
そして薄毛の予防・薄毛の対策はどうすれば、良いのでしょう!?

 

 

更年期の薄毛の症状

更年期になると髪は、成長期が短く、休止期が長くなってきます。
そしてひとつの毛穴から出る髪の本数が減ったり、髪そのものが細くなったり、髪の色が薄くなったりして全体的なボリュームが減ります。

 

男性のように生え際が後退したり、M字型にはげたり、頭頂部の地肌が丸出しになったりするわけではなく、髪の毛が全体的に薄くなってくるのが特徴です。

 

これは女性特有の脱毛症で「女性型脱毛症」、「びまん性脱毛症」と呼ばれています。

 

 

更年期の薄毛の原因

更年期というのは、女性ホルモンが急激に減少する時期です。
そのせいで、更年期特有の症状、いわゆる更年期障害がおきるんですね。

 

 

40歳ぐらいの、いわゆるプレ更年期から50代に向かって、
女性ホルモンは、こんなに急激に減るんです。

 

そして、女性ホルモンの一つ、エストロゲンは髪の毛を作り出し、
毛髪の成長を持続させるという役割を持っています。

 

そのエストロゲンが少なくなってくるのですから、
更年期の女性が薄毛になるのは、当たり前といえば当たり前です。

 

 

エストロゲンは、毛髪を発達させ、毛髪の成長期を持続させる、という働きがあります。エストロゲンが減少することで、髪の成長期が短く、休止期が長くなってしまいます。やがては、1つの毛穴から出る髪の本数が減ったり、髪そのものが痩せたり、髪の色が薄くなったりして、全体的に薄毛になっていく、というわけです。これは女性特有の脱毛症で、「女性型脱毛症」や「びまん性脱毛症」といいます。更年期症状も薄毛も、エストロゲンが急激に減少することで引き起こされる、というわけです。

 

 

エストロゲンは毛髪を発達させ、毛髪の成長期を持続させるという働きがあるため、エストロゲンが減少することで髪の成長期が短く、休止期が長くなってしまいます。やがて、ひとつの毛穴から出る髪の本数が減ったり髪そのものが細くなったり、髪の色が薄くなったりして全体的に薄くなっていきます。

 

 

更年期になったからといって、100%の女性が薄毛になるわけではありません。

 

 

女性の薄毛にはさまざまな原因があって男性の薄毛より複雑です。
でも更年期の女性の薄毛なら、
まず、いちばんに女性ホルモン減少のせいだと疑ったほうがいいと思います。

 

 

 

更年期の薄毛の対策

更年期になると抜け毛が急激に増えますが、早めに対策を行うことで薄毛の進行を遅らせることができます。
できそうなことから試してみましょう。

 

 

 

シャンプーを替える

頭皮に合わないシャンプーは、抜け毛を増やす原因になりかねません。
おススメのシャンプーはアミノ酸系のシャンプー。
頭皮や髪に対して低刺激で優しいのが特徴です。

 

洗髪の仕方にも注意を払いましょう。シャンプーを行う際は力を入れ過ぎず、やさしく洗います。
手を大きく動かしてゴシゴシするのではなく、指の腹を細かく動かして洗います。
爪をたてると頭皮を傷つけ薄毛の原因になりますので注意しましょう。

 

 

 

食生活改善

更年期にはエストロゲンが減少することはわかっているので、ホルモンバランスを整えることが大切です。
まずは食事からホルモンバランスを整えましょう。

 

■女性ホルモンを増やす食べ物
豆腐・納豆・豆乳などの大豆製品、アーモンド・カボチャ・アボカド・モロヘイヤ・煎茶などビタミンEが多く含まれる食品、マグロの赤身・バナナなどのビタミンB6が多く含まれる食品

 

 

 

サプリメント

薄毛・抜け毛の原因となるのがエストロゲンの減少。
このエストロゲンと同じような働きをするのが、大豆に含まれているイソフラボンです。
イソフラボンのサプリメントなら効率的に摂取できます。

 

 

 

頭皮マッサージ

マッサージで頭皮の血行を促進すれば、毛根に栄養が行き届きやすくなり、抜け毛予防につながります。

 

入浴後、頭皮マッサージを行うようにしてみましょう。
また、プロの手による頭皮ケア、頭皮の血行をよくする顔ヨガなども良いかもしれません。

 

 

 

有酸素運動をする

日ごろからよく運動する女性は、更年期症状が軽くなる傾向があります。
特にウォーキングやスイミングなどの有酸素運動は、筋力アップ、卵巣機能の低下予防などの効果が期待できます。
また、血行促進につながります。
しかもエストロゲンの低下によるうつ症状の緩和や脂肪の燃焼を促進、コレステロールを下げる効果も期待できます。

 

 

 

ホルモン療法

どうしても更年期障害がつらい場合、女性ホルモンを増やす「ホルモン療法」という治療法があります。
メリット・デメリットがありますので医師とよく相談して行いましょう。