女性の薄毛と肥満の関係

薄毛に悩んでいる女性にとって多い原因が、実は「肥満」なのです。

 

 

薄毛と肥満は、一見すると関係がないように思えますが、
実は薄毛と肥満は密接な関係にあるのです。

 

ただ、薄毛になると原因は肥満ではなくて、他にあると考える人は多いのです。

 

 

 

特に30代を中心に肥満による薄毛で悩んでいる女性が多いのです。

 

 

肥満が原因で薄毛になる場合、分け目部分だけが薄くなるというような部分的なものではなく、
全体的に薄くなるのが特徴的。

 

このような症状は徐々に進行するので、初期段階では分からないという場合が多い。

 

 

 

肥満が薄毛をまねくワケ

肥満が薄毛を引き起こす理由はいくつかあります。

 

 

■血行不良
肥満になると体内の脂肪量が多くなるため血液がドロドロになり血流が悪くなります。

 

血流が悪いと栄養が毛髪に行き届かず、育毛にマイナスとなります。

 

 

 

■皮脂の過剰分泌
太っているということは、体に脂肪を蓄えているということ。
脂肪が多いと体中から分泌される皮脂の量が多くなります。

 

皮脂が多く分泌されるようになると当然、
頭皮はベトベトしがち。

 

頭皮の皮脂量の過剰は脂漏性皮膚炎や粃糠性脱毛症を
引き起こす原因になってしまいます。

 

 

 

■運動不足による血行不良
肥満の人は運動をしません。
運動不足は、筋肉をこわばらせ、血管を圧迫、結果、血行障害を引き起こします。
血行不良で血流が減少すると、送られる栄養も減り、毛乳頭の力が弱ってしまうのです。

 

 

 

■ストレス
一般的に太っている人はそれなりの差別や区別をされる可能性が高く、
太ってない人に比べてストレスを感じる機会が多いもの。

 

ストレスは血流を悪くしたり、免疫力を下げたりよくないことだらけ。
末梢神経の血流を悪くし、毛根に栄養が行き届かなくすることもあります。

 

 

 

 

肥満の解消は薄毛の解消に繋がります。

 

 

肥満を解消するために

肥満を解消、さらには薄毛も解消させるためには、適切にダイエットする必要があります。

 

育毛には十分な栄養が必要となります。
そこでダイエットする上でも、育毛に必要な栄養素を摂取しつつ、脂肪を減らす必要があるのです。
むやみに食事制限するだけでは、薄毛を進行させてしまいます。

 

 

髪の成長にはたんぱく質、ビタミン、ミネラルなどが必須となります。
そこでバランスの良い食事を適度に摂りながら、運動を平行して行うことがベストだと思います。
当然、食べ過ぎは肥満にはマイナス。

 

 

運動は、ウォーキングなどの有酸素運動を行いつつ、
基礎代謝量を上げるためにも筋トレを行うと良いでしょう!