産後の抜け毛|原因・対策

 

出産後、一時的に髪が抜ける脱毛症が、分娩後脱毛症または出産後脱毛症。

 

出産後、女性ホルモンによって成長期を維持してきた頭髪が、一気に休止期に入ってしまうために、
脱毛症状が出る人が多い。

 

 

髪の毛が抜け続けるのでかなり不安になるもの。
通常、出産から6カ月程度~1年経過後には自然回復しますが、
中には回復までの期間が長かったり、高齢出産で体力の回復が遅い場合には、完治しないことも。
さらに産後のストレスなどが重なると抜け毛が止まらないこともありますので注意しましょう!

 

 

産後の抜け毛の原因

一般的に産後脱毛症は、ホルモンの変化が関係しています。
身体の衰えが原因ではありません。

 

 

女性は妊娠すると、体内での女性ホルモンの分泌量が上昇します。

 

女性ホルモンは、女性らしく成長させるエストロゲン(卵胞ホルモンと
妊娠を継続するためのプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類が存在しています。
妊娠前はこの2種類のホルモンがバランスよく分泌されますが、
妊娠するとプロゲステロンの分泌量が大幅に増加します。

 

このプロゲステロンは妊娠状態を維持させたり、体温を上昇させる働き以外に、
毛髪の成長を促す作用もあります。

 

妊娠中はプロゲステロンの働きで毛周期が変化し、本来抜け落ちてしまうはずの髪が、
抜けずにそのまま成長し続けるのです。
妊娠中は、髪の量が増えている場合があります。

 

 

 

しかし、出産が終わるとプロゲステロンの分泌は抑制され元の分泌量に戻ります。
するとプロゲステロンにより成長し続けていた毛髪が一気に抜け落ちるようになるのです。

 

これが産後脱毛症。

 

元々もっと早く抜け落ちるはずだった毛髪が抜けただけなので、正常な現象。
ただ、一気に突然抜けるので、一時的に髪が薄くなってしまうことがあるのです。

 

 

 

他の原因として産後のストレスや疲れなどで引き起こされる場合もあります。
この場合は、半年経っても回復せず、放っておくとびまん性脱毛症になることもあります。

 

 

 

産後の抜け毛の時期

個人差はありますが、産後2ヶ月過ぎから、産後6ヶ月ごろまでには、大量の抜け毛が続きます。

 

洗髪やドライヤーのたびに大量に髪が抜けるので、薄毛になってしまうのではないかと悩む女性はたくさんいます。

 

 

目に見えて髪が生えてくるのはおよそ半年後。
個人差があるので、回復が早い人も遅い人もいます。
一般には産後1年後には、ほとんどの人が妊娠前の状態まで回復するでしょう。

 

 

1年が経過しても回復せず、むしろ抜け毛が続いている場合は、ストレスや育児疲れなど他の理由が考えられます。

 

 

 

産後の抜け毛の対策

産後脱毛症は、通常、半年後から正常に戻りはじめ、1年後には妊娠前の状態まで戻ります。

 

出産後は定期的に抜け毛の本数を数えましょう。
数え方は洗髪時に排水溝にネットを付け、抜け毛を数えます。

 

目立って髪が生えてこなくても、抜け毛が減っていれば、回復していることになります。

 

 

 

もし半年経過しても回復が見られない場合は、産後のストレスや疲れなどにより起こる抜け毛など他の原因が考えられます。
この場合、放っておくとびまん性脱毛症になることもあります。

 

 

びまん性脱毛症は産後脱毛症とは異なり、放っておいて回復することはありません。
その場合は生活習慣の改善や栄養摂取、育毛剤の使用など別の治療を行う必要があります。

 

 

 

回復を早めるには

発毛や育毛に適した頭皮環境を整えることで、回復を早めることは可能です。

 

 

まずは、栄養をしっかり摂ること。
栄養不足は髪の発育を妨げます。
体力の落ちている産後は特に、栄養の摂取に気を配る必要があります。
サプリメントを活用するのもよいでしょう。

 

 

また、出産後は、育児疲れやストレスなどがたまりやすい時期。
ストレスや疲れ、寝不足などは髪の成長を妨げ、産後脱毛症の回復を遅らせる要因となります。
特に、過剰なストレスは、心因性の抜け毛を誘発する恐れがあります。
ストレスや疲れの蓄積には特に注意しましょう!

 

疲れやストレスをためすぎず、栄養バランスの良い食事をきちんと摂取することが、
産後脱毛症の回復を早める一番の方法でしょう!