イソフラボンの育毛効果

イソフラボンとは、大豆の芽である胚軸に特に多く含まれている植物性のポリフェノールの一種。

 

イソフラボンは美容・健康にさまざまな効果が期待できますが、
育毛にもプラスに働くのです!

 

特に豆腐や納豆など大豆製品にイソフラボンが多く含まれています。

 

 

 

イソフラボンの育毛効果

イソフラボンは、薄毛を改善する効果をもたらします。

 

男性型脱毛症の主原因は、男性ホルモン(DHT)が過剰に生成されてしまため。

 

イソフラボンは、この男性ホルモンの濃度を下げる効果があるのです。

 

血中の男性テストステロン濃度を下げるため、
テストステロンがジヒドロテストステロンに変換されるのを抑え、抜け毛を減らす効果が期待できます。
また、テストステロンがジヒドロテストステロンという強力な男性ホルモンに変換されるときの
変換酵素である5α-リダクターゼを阻害する効果もあります。

 

まさにプロペシアに含まれるフィナステリドのような働きをするのです。
フィナステリドは、女性の服用は禁じられていますが、イソフラボンは性別に関係なく服用できます。

 

さらにイソフラボンは、女性ホルモンと同様の作用があり、
毛髪をしなやかにしたり、丈夫でみずみずしい艶のある髪にしてくれます。

 

 

 

イソフラボンの摂取方法

イソフラボンの1日の摂取量の上限は、70mg~75mg。
1日の推奨摂取量は40mg~50mg。
豆腐なら150g(半丁)、きな粉なら20g、納豆なら60g(1パック)程度。
多めに摂取しても体外に排出されますので特に問題はないようです。

 

毎日、継続して食事から摂る自信がない人は、サプリメントから摂取するのが良いでしょう!
唐辛子成分のカプサイシンも摂取すると育毛の相乗効果が上がります!

 

 

 

イソフラボンの健康効果

イソフラボンの健康・美容効果
イソフラボンは植物性のポリフェノールの一種。
イソフラボンは、女性ホルモンと同じような働きがあり、コレステロールの上昇を抑え、カルシウムが骨からが溶け出すのを防ぎ、動脈硬化や骨そしょう症の予防に効果が期待できるのです。

 

女性ホルモンが減少傾向にある更年期には、イソフラボンを積極的に取り入れることで更年期障害の症状であるイライラや頭痛などの不快感を緩和できるでしょう。

 

またイソフラボンには、抗酸化作用があるので、美容やアンチエイジングに高い効果を発揮するでしょう。

 

 

 

イソフラボンは、女性ホルモン(エストロゲン)と同じように働き、コレステロール値の上昇を抑えたり、骨からカルシウムが溶け出すのを防ぎ、動脈硬化や骨粗鬆症の予防や改善に効果があるといわれている。

 

女性ホルモンは、コレステロールの調整や骨の代謝に関係し、 不足するとコレステロール値が上がったり、骨からカルシウムが排出されてしまう。
女性ホルモンが減少する更年期には、イソフラボンを摂取することで、更年期特有の症状であるイライラや頭痛などの不快感を緩和する効果が期待できる。

 

 

1女性ホルモン不足による体調不良に効果的

 

●のぼせ・ほてり・発汗・冷え性などの基本的な症状
●憂うつ感・不眠・記憶力や集中力の低下などの精神的症状
●下痢・頻尿・肩こり・腰痛などの痛みをともなう症状

 

その他倦怠感や疲れ、更年期障害などにも有効といわれています。

 

2骨の形成に効果的
イソフラボンは骨からカルシウムが溶け出すのを防ぎ、骨の密度を保ってくれます。カルシウムを摂るだけでは、骨は密度を保つことはできません。エストロゲンをしっかりと補ってあげることによって、密度の低下から起きうる骨粗しょう症の予防や改善にも役に立ちます。

 

3ガン予防
イソフラボンは女性ホルモンの欠乏を補うと同時に、女性ホルモンの分泌過剰に対してはそれを抑える方向に働きます。よって、ホルモンの分泌に起因する乳がんや子宮がんなど女性特有のがんに対して効果的にはたらきます。また、イソフラボンには抗酸化作用もあるとされており、先の女性特有のがんに加えて男性の前立腺がん、そして多くの人に共通の大腸がん、肺がん、肝臓がん、胃がん、などの疾患を予防する作用が知られています。

 

4美容効果
イソフラボンは女性にかかせないホルモン「エストロゲン」と同様の働きをしてくれます。そのため、バストアップや肌への美白作用、生理不順の改善、代謝向上などの作用を持っているとされています。

 

 

 

 

また、イソフラボンには、抗酸化作用があり、活性酸素を除去する効果もあると言われる。
美容やアンチエイジング、生活習慣病の予防などの効能も期待できる。

 

 

植物性ポリフェノールには、強い抗酸化作用や抗ヒスタミン作用があり、老化・ガン・動脈硬化などの生活習慣病を発症する原因の一つとされる活性酸素の発生を抑制する効果があるといわれています。