育毛のためのドライヤー使い方

ドライヤーを使わず、自然乾燥させる人も多いですが、
自然乾燥は頭皮が蒸れて、雑菌が繁殖しやすくなります。
また濡れたままブラッシングをしたり、そのまま眠ってしまったりすると、
濡れた髪の毛が摩擦で傷んでしまうことも。
逆に、ドライヤーで乾かし過ぎると髪の毛に潤いがなくなり、傷むことになります。

 

 

正しいドライヤーの使い方

1.まずはタオルで髪の毛の水分をしっかり取る。
タオルは、ゴシゴシと髪を拭くのは避けましょう。
濡れた髪にとって、摩擦は大きな敵です。
吸水性の良いタオルで髪の毛を挟みこんで軽く叩くようにしてやさしく水分をふき取るようにしましょう。
これで、ドライヤーで乾かす時間を短縮できます。

 

2.ドライヤー使用時に大切なことは、使用時間と温度。
基本は、温度は低めに設定しましょう。
ドライヤーと髪の毛の距離は20センチほど。
熱風を頭皮に近づすぎると頭皮をやけどしたり、髪の毛を傷めることになります。
熱風が一か所に集中してしまわないよう小刻みに動かしながら、
広い範囲でドライヤーを当てていきます。
髪の毛だけでなく、頭皮にも風を当てて根元も乾かす。
高温設定のドライヤーは髪に大きなダメージを与えることがあります。

 

ドライヤーを使う時間は、なるべく短時間で。
乾燥させすぎると髪の毛が焦げたり、頭皮がカサカサになってしまいます。
湿り気が残っている程度で、ドライヤーの使用を終了させます。
あとは自然乾燥に任せましょう。
これで、頭皮も髪の毛も健康に、清潔に保つことができます。

 

 

髪を乾かすには、ドライヤーと自然乾燥を上手に併用することが育毛にもプラスになります。