育毛のためのシャンプー方法

頭皮が汚れていたり、毛穴が詰まっていると毛根の働きを阻害し、抜け毛の原因となります。

 

洗髪は毎日行うべきですが、正しい方法で洗髪を行わないと、
逆に抜け毛を増やしてしまうことに。
例えば、爪を立てて洗髪したり、1日に何度も洗髪したりするのは、逆効果。

 

正しいシャンプー方法を行うことで、本来の洗髪の効果を発揮するのです。

 

 

正しいシャンプーの方法

1.頭全体をぬるま湯でサッと洗ってほこりや塵を流します。
「泡立ちを良くするため」に濡らす程度ではなく、もう少し丁寧に。
この簡単な作業で、髪の汚れは思ったよりも落ちるものです。
お湯の温度は40℃以下。あまり熱い湯だと頭皮の乾燥の原因となります。

 

2.適量のシャンプーを手に取り、少量のお湯でよく泡立ててから頭皮につけます。
直接シャンプーを頭皮に付けると泡立つ前に髪と髪をこすり合わせ、髪が傷む原因に。

 

3.泡を頭皮に付けて、指の腹で地肌をマッサージをするようによくもみ洗いします。
やわらかい指の腹で、ゆっくりしっかりが原則。
毛穴に詰まった汚れや脂分をきちんと落としましょう。
時間をかけることで、髪の毛の汚れも自然と落ちます。

 

シャンプーの量は説明通りの適量を守りましょう。
シャンプーの付けすぎは無用な刺激を賦課するだけで、かえって逆効果です。
1回目の洗髪で頭皮をしっかり洗えれば、必ずしも2度洗いする必要はありません。

 

痒い部分をツメを立ててガリガリ洗うのは厳禁。
爪で強く引っかくとすぐに傷がついてしまい、フケの発生や炎症の原因となってしまいます。

 

4.頭を丁寧に洗ったら、ぬるま湯でしっかりとすすぎます。
十分に時間をかけてすすぐことが大切。
シャンプー液の洗い残しは、やがて頭皮の汚れとなって毛穴に詰まったりします。
シャンプー後のトリートメントは、頭皮ではなく髪の毛に使用。
トリートメント後もしっかり洗い流しましょう。

 

 

シャンプーの効果

正しいシャンプーをすることで、
■毛穴に詰まった汚れ・脂分を落とす
■マッサージ効果・温効果により頭皮の血行を良くする
■髪の毛そのものの汚れを落とす
などの効果が期待できます。

 

 

シャンプーで特に重要なポイントは、爪を立てないこと、
シャンプー・トリートメントはしっかり洗い流すこと。