育毛と帽子の関係

育毛にとって、帽子をかぶるメリット・デメリットは、どの程度あるのでしょうか?

 

 

帽子をかぶるメリット

特に夏場の外出時などに紫外線を浴びると、顔や腕などと同様、頭皮にも日焼けが起こります。

 

日焼けした頭皮はカサカサになり、炎症を起こし、毛根にダメージを与えます 。
結果、毛根の働きが悪くなり、丈夫な毛髪が作られなくなってしまいます。

 

また、頭皮の皮脂が、紫外線によって酸化し、過酸化脂質に変わってしまうと、
毛穴に詰まって毛根の呼吸を妨げ、発毛力を弱める原因となります。

 

夏場に限らず、特に直射日光の強い日はしっかり帽子をかぶって頭皮のケアに備えましょう。

 

 

帽子のデメリット

しかし、帽子をかぶっていると抜け毛が増えるというケースもあります。

 

理由は、帽子をかぶることで、内部が蒸れて汗をかき、雑菌が繁殖することで起こるのです。
雑菌が繁殖すると、汚れとなって毛穴に詰まり、毛根の働きを阻害するのです。

 

また、頭にピッタり、フィットする帽子をかぶっていると頭部が締め付けられ、
血行不良を引き起こす可能性もあります。

 

頭皮の血行が悪くなると、毛根や毛細胞に栄養が十分に回らなくなり、
抜け毛の原因になってしまいます。

 

 

帽子をかぶって育毛対策

紫外線を遮断しながら、帽子による頭皮トラブルを防ぐためには、
帽子をかぶっている間も汗をかいたら、頻繁に帽子を脱いで拭き取ったり、
帽子を脱いだ後のヘアケア に気を配りましょう。

 

特に洗髪は頭皮の汚れを除去し、清潔に保つためには欠かせませんので、
毎日、必ず洗髪しましょう。