育毛と喫煙の関係

喫煙は健康に有害とされていますが、育毛にも大きく関係しています。
具体的に育毛にどのような影響を与えるのでしょうか?

 

 

喫煙による血行不良でハゲる

喫煙による最も大きな害としては、ニコチンの作用により毛細血管の萎縮を引き起こすこと。

 

喫煙するとたばこのニコチンは、中枢神経や末梢に存在するニコチン性アセチルコリン受容体に結びつき、
さまざまな作用を引き起こします。
そのうちのひとつに、毛細血管を収縮させる作用があります。
血管が収縮されると、当然血行が悪くなり、血流が減少。

 

さらに喫煙は、悪玉コレステロールを酸化コレステロールに変化させます。
酸化コレステロールは、血管の内腔に付着し、血管を詰まりやすくします。
結果、血行不良を引き起こすのです。

 

毛髪を作っている毛細胞は、血液から毛髪形成に必要な栄養分を受け取っているので、
血行が悪くなると、必要な栄養素の供給が悪くなり、育毛に弊害をもたらすのです。

 

 

喫煙による酸欠でハゲる

また、たばこの煙には、の一酸化炭素が含まれていますが、
本来は酸素を運ぶ赤血球内のヘモグロビンにその一酸化炭素がと結合するため、
細胞は酸素不足になります。
毛母細胞の代謝には酸素が必要ですが、不足すると当然、発毛に悪影響を及ぼします。

 

 

体内に取り込まれたニコチンは2時間程度で消失し、
1日数本の喫煙であれば、それほどニコチンによる弊害は残らないですが、
肺に付着したタールが酸素交換力を低下させるという事実もあります。

 

 

タバコは一時的なリラックス効果によるストレス解消につながる場合もありますが、
他の方法でリラックスすることをお勧めします。

 

 

喫煙によるビタミンC消費でハゲる

喫煙すると体内のビタミンCが大量に消費され、結果、脱毛原因となります。

 

体内に蓄えることができるビタミンCの量は1500mgと言われていますが、
タバコ1本吸うごとに、体内のビタミンCは約25mgも消費するのです。

 

1日に何本も吸う喫煙者にとって、本数×25mgと考えるとビタミンCが大量に失われていることになります。
ビタミンCは体内で皮膚を構成するコラーゲンなどを生成するのに欠かせない成分で、
ビタミンCが不足すると、頭皮が固くなってしまいます。
頭皮が固くなると血行が悪くなり、また、毛根の働きも鈍くなるため、抜けやすい髪しか生えてこなくなります 。

 

 

 

喫煙は、抜け毛を増加させるのでハゲを改善したいなら禁煙しましょう!