育毛と食生活の関係

日常生活でストレスを避けるのは難しいことですが、
過剰なストレスは髪の毛に大きな影響を与える要因となります。

 

ストレスはハゲるスピードを加速させます。
仕事がハードなため肉体的にも精神的にも参っている人、気が小さく悩み症の人、責任感が強すぎる人などストレスが溜まっている人は薄毛が多いです。

 

ストレスは、免疫力を大幅に低下させ、万病の元ともなります。
健康面からもストレスの溜まっている人は早急な改善が必要です!

 

 

ストレスは薄毛の原因

ストレスは、なぜ薄毛に影響をもたらすのでしょうか?

 

過度なストレスは、

 

■末梢神経の血流を悪くし、毛根に栄養が行き届かない。
■内臓の不調を起こし、髪の材料になるタンパク質やミネラルの合成や吸収が悪くなる。
■血流が悪くなることで、脱毛症の最大の原因である活性型男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)が分泌される。
■皮脂の過剰分泌を引き起こす。
■頭皮が緊張してかたくなる。
■ホルモンへ悪影響を及ぼす。
■睡眠障害を引き起こし、薄毛の悪循環をもたらす。

 

このようにストレスは髪にとって大きなマイナスです。

 

 

ストレスによる血行不良

過度のストレスは、体の血行不良を引き起こします 。
これは、呼吸や血圧などをコントロールしている自律神経が乱れることが原因。

 

自律神経は交感神経と副交感神経で構成され、通常この二つはうまくバランスを取り合っていますが、
ストレスを感じると、交感神経が刺激され、一種の興奮状態に陥ります。

 

慢性的にストレスを感じている状態が続くと、交感神経のみが一方的に刺激され続け、
副交感神経とのバランスがうまく取れなくなります。
バランスが崩れ自律神経が乱れると、血液循環に障害が発生し、血行不良を引き起こすのです。

 

血行不良は毛根への栄養補給を鈍らせ、毛細胞の働きも阻害します。
活性化されない毛細胞からは健康な毛髪は形成されず、
すぐ抜けるコシの弱い髪ばかりが生えてくる ようになってしまいます。

 

 

ストレス対策

ストレスは心身ともにマイナスにしかなりません。
育毛にもマイナスです。

 

そこでストレスに対する対策として、
1.溜ったストレスを発散・解消する
2.ストレスにより消耗・疲弊した心身を癒す
3.ストレスが溜まらないようにする
4.ストレスの受け方を軽くする
5.ストレスを受けないようにする

 

 

まずは、ストレス発散、心身を癒すことを試してみましょう。
例えば、「体を動かす」「心を動かす」「休む」「遊ぶ」「ふれ合う」というようなこと。
趣味や運動、音楽を聴く、寝る、動物を触れ合う、お風呂にゆっくり入る、友達をおしゃべりするなど
自分にとって楽しいこと・リラックスできることをやってみましょう。
例えば、運動は、活性型男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)を汗によって排出するので
育毛にとてもいいと言えるでしょう。

 

次に、ストレスの受け方を軽く、溜まらないように心がけてみましょう。
これには、自分の考え方を変える必要があります。
基本は、物事を前向きにとらえ、深く考え過ぎず、心に力を抜くことが大切。

 

 

それでもダメなら「ストレスを受けない」ようにする必要があるでしょう。
つまりストレスの原因を取り除く必要があるのです。

 

例えば、ストレスの原因が仕事なら、仕事を辞めることも検討しては。
人間関係が原因なら、極端に言うと引っ越すなどして、その環境から離れてしまうのもひとつの手段。
うつ病になってからでは遅いですから。