育毛と睡眠の関係

睡眠不足はハゲを引き起こします。
睡眠不足になるとストレスも溜まり、続くとあきらかに抜け毛が増えます。

 

分かっているが軽視してしまいがちなのが睡眠。
現代人は昔に比べて深夜まで起きていて睡眠時間が大幅に減少し睡眠不足の人が多いのも事実。
これにより現代人の薄毛化に拍車をかけているのでしょう。

 

睡眠中には、皮膚細胞を構成するタンパク質の合成が盛んになり、
細胞に栄養をあたえ肌や髪の毛のダメージを修復する成長ホルモン、泌乳刺激ホルモン(プロラクチン)、
甲状腺刺激ホルモン、黄体形成ホルモンンや抗酸化作用を持つメラトニンなどが、
起きているときより、盛んに分泌されます。
他にも睡眠の効能はたくさんあります。

 

睡眠不足や不規則な睡眠は、これらのホルモンが不足する状態になり、皮膚や髪の毛に悪いのは明らか。

 

 

髪が成長しやすい時間帯

髪の毛は毎日成長しますが、特に「髪が成長しやすい時間帯」があります。

 

毛母細胞の働きによって毛髪は形成されますが、
この毛母細胞が最も活性化されるのが、「夜10時~午前2時」と言われています。
この時間帯は体の成長に必要な成長ホルモンが最も分泌される時間帯で、
この成長ホルモンは、毛母細胞をも活性化させるのです。

 

ただ、この時間帯に起きていると成長ホルモンの分泌量が減り、
毛母細胞の活性かも妨げられてしまうため、健康的で芯の強い髪が生えてこなくなる要因となり、
抜け毛が増えるのです。

 

 

育毛のための効果的な睡眠

髪の毛の成長は夜間に行われ昼間にはあまり成長しません。
まずは、十分な睡眠で髪の毛が成長しやすい時間を確保すること。
「夜10時~午前2時」の間に睡眠を取ることが抜け毛防止に効果的ではありますが、
なかなか思った時間に睡眠を取れないという人が多いのも事実。

 

その場合は、とにかく深く熟睡、質の良い睡眠を取ることが重要です。
睡眠にとって大切なのは、時間長さではなく、質。
浅い眠りでは、成長ホルモンもうまく分泌されません。

 

当然、7時間前後の睡眠を取るのが望ましく、逆にだらだらと長く眠ることがいいという訳でもありません。
熟睡するためには、就寝前にリラックスすること、ストレスや疲労をため過ぎないことが重要。

 

睡眠に導いてくれるサプリメントの活用も有効でしょう。