育毛のための生活改善

育毛のためには、発毛促進と抜け毛予防が大きなカギ!

 

抜け毛は、生活習慣の乱れが原因となる場合も多くあります。
例えば、睡眠・食生活・ストレス・運動・喫煙・飲酒など。
抜け毛予防のために生活習慣を見直してみましょう!
生活を少し変えるれば、抜け毛予防になります。

 

その上で自分に合った育毛剤を使うことで最適な育毛生活を送ることができるでしょう!

 

 

生活習慣の乱れは抜け毛を増やす

抜け毛の原因の一つが生活習慣の乱れ。

 

例えば、
■好きな物だけを食べている人。脂っこい食べ物ばかり好んで食べる人は抜け毛が増やす。
■睡眠も髪にとっては重要なこと。
睡眠不足や不規則な睡眠は、抜け毛を増やす。
■過度なストレス・継続的なストレスは、劇的に抜け毛を増加させる。
■たばことアルコール類の過剰摂取も髪に悪影響を及ぼす。
■運動不足は抜け毛の元。
など。

 

一体なぜこれらの生活習慣が抜け毛をもたらすのでしょうか?
当サイトではこれらの悪い生活習慣が抜け毛を増やす理由や抜け毛を減らす改善策を解説しています。

 

 

男性型脱毛症の抜け毛の原因

男性ホルモン
男性型脱毛症で、抜け毛の原因は男性ホルモンの働きによるもの。
男性ホルモンの一種である「テストステロン 」が「5-αリダクターゼ 」と呼ばれる酵素により、
「ジヒドロテストステロン(DHT) 」に変換されると、
このDHTが抜け毛や薄毛の原因物質になってしまうのです。

 

ハゲる人とハゲない人の違いは、ホルモンのバランス。
男性・女性両ホルモンの分泌バランスが良好な人は、ハゲないと言えます。
逆に男性ホルモンの過剰な分泌でホルモンバランスを崩し、
髪の成長を妨げてしまう人は、ハゲる人です。

 

男性型脱毛症の特徴として、生え際が後退したり、頭頂部から薄くなる傾向がありますが、
これは、前頭部や頭頂部が男性ホルモンの影響を受けやすい部分であることが分かります。

 

遺伝的な要素
男性型脱毛症が遺伝する要素は2つ。
ひとつは男性ホルモンをより強力な男性ホルモンに変換する「5α-リダクターゼ」という還元酵素。
もうひとつは、「感受性」、この強力な男性ホルモンに敏感かどうかという性質の遺伝。

 

この男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」に「変身する力」と「反応する力」が加わるとハゲてしまうということ。

 

「母方の祖父がハゲていたら孫もハゲる」というのは、「感受性」の遺伝によるもの。
ハゲが遺伝するかどうかはこの「感受性」と「5α-リダクターゼ」の酵素活性のバランスによって決まります。

 

生活習慣
抜け毛・薄毛の大きな原因の1つが頭皮の血行不良。
睡眠不足や栄養バランスの悪い食事、喫煙、過度の飲酒、運動不足などの悪い生活習慣は、
血行不良を起こしやすくします。

 

頭皮の血行不良は抜け毛・薄毛につながります。

 

 

男性型脱毛症を改善するためにできること

ホルモンのバランスが崩れることで起こる抜け毛の改善は、育毛剤を使うのがベストの方法でしょう。
血行不良により起こる抜け毛も育毛剤で改善が期待できます。
育毛剤比較ランキングを参考に効果の高い育毛剤を見つけましょう!

 

ただ、生活習慣が悪いと育毛剤の効果も半減してしまいます。
抜け毛や薄毛の原因は人によって様々ですが、多くの場合に食習慣や運動、ストレスなどの生活習慣が深く関わっています。

 

生活改善は育毛的にすぐ効果が現れることではありませんが、
育毛を成功させるためには、健康的な生活が欠かせません。
育毛剤を使わず毛髪を増やす秘訣
「ハゲを治す」ためには、できることは徹底して行うことが大切。
地道に継続しましょう!

睡眠不足はハゲを引き起こします。睡眠不足になるとストレスも溜まり、続くとあきらかに抜け毛が増えます。分かっているが軽視してしまいがちなのが睡眠。現代人は昔に比べて深夜まで起きていて睡眠時間が大幅に減少し睡眠不足の人が多いのも事実。これにより現代人の薄毛化に拍車をかけているのでしょう。睡眠中には、皮膚細胞を構成するタンパク質の合成が盛んになり、細胞に栄養をあたえ肌や髪の毛のダメージを修復する成長ホル...

食生活を改善することで育毛効果も期待できます。どんなに効果な育毛剤を使用していても、食事が乱れていると育毛剤効果は、不十分となってしまうのです。例えば、■好きなものばかり食べる■油っぽいものが好きで食べてしまう■肉類ばかりを食べる■野菜をほとんど食べない■ファーストフードが好きでよく食べる■ケーキなど甘い物が好きでよく食べるこれらに一つでも当てはまれば、要注意。好きなものばかり食べていると育毛に悪...

日常生活でストレスを避けるのは難しいことですが、過剰なストレスは髪の毛に大きな影響を与える要因となります。ストレスはハゲるスピードを加速させます。仕事がハードなため肉体的にも精神的にも参っている人、気が小さく悩み症の人、責任感が強すぎる人などストレスが溜まっている人は薄毛が多いです。ストレスは、免疫力を大幅に低下させ、万病の元ともなります。健康面からもストレスの溜まっている人は早急な改善が必要です...

運動は、健康維持のためにも大切なことですが、育毛のためにも重要な役割があります。運動が、抜け毛に関連するなどとは、無関係に思えますが、運動不足は、抜け毛を増やす原因になる場合も多いのです。運動不足はハゲの元発毛には、毛根にある毛乳頭に栄養を供給する必要があります。この栄養は血液によって運ばれます。しかし、血行不良で血流が減少すると、送られる栄養も減り、毛乳頭の力が弱ってしまうのです。毛乳頭は、毛髪...

喫煙は健康に有害とされていますが、育毛にも大きく関係しています。具体的に育毛にどのような影響を与えるのでしょうか?喫煙による血行不良でハゲる喫煙による最も大きな害としては、ニコチンの作用により毛細血管の萎縮を引き起こすこと。喫煙するとたばこのニコチンは、中枢神経や末梢に存在するニコチン性アセチルコリン受容体に結びつき、さまざまな作用を引き起こします。そのうちのひとつに、毛細血管を収縮させる作用があ...

飲酒自体は、適量を守って飲んでいる分には、ほどよい血行促進作用が期待できるため、一概に有害とも言えないのです。ただし、大量のアルコール摂取は、育毛に悪影響を及ぼします。過度の飲酒はなぜ育毛に良くないのでしょうか?過度の飲酒はハゲの元髪の毛を構成するケラチンというタンパク質は、システインやメチオニンなどのアミノ酸によって構成されています。アルコールが体内に入ると肝臓がアルコールを分解しようとします。...

育毛のためのマッサージは、基本的に頭皮をマッサージしますが、一体どの程度、効果があるのでしょうか?頭皮が硬くなる原因一般にハゲてる人の頭皮は、硬く張っていることが多いです。男性の頭蓋骨は40歳ごろまで成長するといわれています。頭皮の成長は20代前半までなのに、頭蓋骨が成長すれば、当然、頭皮は引っ張られます。また重力によって頭皮が下や前後左右に引っ張られ、頭皮は硬く突っ張った状態となります。特に頭の...

育毛にとって、帽子をかぶるメリット・デメリットは、どの程度あるのでしょうか?帽子をかぶるメリット特に夏場の外出時などに紫外線を浴びると、顔や腕などと同様、頭皮にも日焼けが起こります。日焼けした頭皮はカサカサになり、炎症を起こし、毛根にダメージを与えます 。結果、毛根の働きが悪くなり、丈夫な毛髪が作られなくなってしまいます。また、頭皮の皮脂が、紫外線によって酸化し、過酸化脂質に変わってしまうと、毛穴...

乾燥が育毛に悪影響を及ぼすのは、なんとなく想像が付きます。特に空気が乾燥する冬には、頭がかゆくなったりフケがよく出たりすることがあるのでは!?頭皮も皮膚の一部。頭皮ケアの基本的な考え方は肌の手入れと同じなのです。乾燥は薄毛の原因乾燥すると髪はとても傷みやすくなり、柔軟性がなくなり、パサツキ、切れ毛、枝毛の原因になり、髪の毛自体が痛みやすくなっています。さらに乾燥による静電気でブラッシングすると髪の...

太っている人はいつも汗をかいていて薄毛の人が多いというイメージがあります。きっと肥満は育毛に悪影響を及ぼすのだろうとなんとなく想像できます。育毛の観点からは、肥満体型になる生活習慣が薄毛を増長させているのです。肥満は薄毛の原因に肥満と薄毛はどう関連するのでしょうか?皮脂肥満の特徴は脂肪が多いこと。脂肪が多いと皮脂腺から分泌される皮脂の量も多くなります。頭に皮脂が多いと毛穴も詰まりやすくなり、毛根が...

シャンプーは頭皮や髪の汚れが完璧に落ちれば良いというわけではありません。洗浄力が強すぎるシャンプーは、必要な皮脂まで落としてしまったり、過度の乾燥を招いたりと頭皮を傷める原因にもなり得ます。特に育毛のために使うシャンプーは、普通のシャンプーと違って、毛穴の皮脂を取り除くとともに、健康な頭皮の状態を保つために重要な役割を果たします。そのためには自分の頭皮に合ったシャンプーを選ぶ必要があります。育毛し...

頭皮が汚れていたり、毛穴が詰まっていると毛根の働きを阻害し、抜け毛の原因となります。洗髪は毎日行うべきですが、正しい方法で洗髪を行わないと、逆に抜け毛を増やしてしまうことに。例えば、爪を立てて洗髪したり、1日に何度も洗髪したりするのは、逆効果。正しいシャンプー方法を行うことで、本来の洗髪の効果を発揮するのです。正しいシャンプーの方法1.頭全体をぬるま湯でサッと洗ってほこりや塵を流します。「泡立ちを...

ドライヤーを使わず、自然乾燥させる人も多いですが、自然乾燥は頭皮が蒸れて、雑菌が繁殖しやすくなります。また濡れたままブラッシングをしたり、そのまま眠ってしまったりすると、濡れた髪の毛が摩擦で傷んでしまうことも。逆に、ドライヤーで乾かし過ぎると髪の毛に潤いがなくなり、傷むことになります。正しいドライヤーの使い方1.まずはタオルで髪の毛の水分をしっかり取る。タオルは、ゴシゴシと髪を拭くのは避けましょう...

青汁にはさまざまな健康効果がありますが、育毛にも良いのです。青汁が育毛にどう影響するのでしょう?青汁はケール・大麦若葉・ゴーヤー・明日葉などの粉末で、栄養の宝庫と呼ばれている。野菜や果物を必要量食べ切れていない人にとっては、重宝な飲み物。青汁の育毛効果育毛剤と同時に青汁を飲むことで、育毛剤の効果を高めることができ、抜け毛を予防、発毛が促進されるとされています。育毛には頭皮の血行と栄養が大切。育毛の...

ごまにはさまざまな健康効果がありますが、育毛にも良いのです。ごまが育毛にどう影響するのでしょう?ごまには白ゴマ、黒ゴマ、金ゴマなど種類があり、美肌効果、ダイエット、コレステロール除去、生活習慣病の予防などさまざまな効果があるとされています。ごまの育毛効果しかも、ゴマは育毛にも良い!ゴマに含まれる「ミネラル、ビタミン、タンパク質」はどれをとっても髪に良いとされるものばかりです。ごまには、血行を良くす...

唐辛子に含まれているカプサイシンは育毛に良いらしい。カプサイシンが育毛にどう影響するのでしょう?カプサイシンの育毛効果カプサイシンにはアドレナリン分泌を促進する働きがあり、毛細血管の血行が良くなり、育毛に効果が期待できます。特にカプサイシンにイソフラボンを併用することで、髪の毛を生やす体内物質が出来るので、より育毛に効果的。髪の毛の成長を妨げる要因として、頭皮の血行不要があります。血流が悪くなると...

イソフラボンとは、大豆の芽である胚軸に特に多く含まれている植物性のポリフェノールの一種。イソフラボンは美容・健康にさまざまな効果が期待できますが、育毛にもプラスに働くのです!特に豆腐や納豆など大豆製品にイソフラボンが多く含まれています。イソフラボンの育毛効果イソフラボンは、薄毛を改善する効果をもたらします。男性型脱毛症の主原因は、男性ホルモン(DHT)が過剰に生成されてしまため。イソフラボンは、こ...

玄米は収穫後の米のもみ殻だけを取り除いた状態のもの。そこから胚芽とヌカを取り除いて胚乳だけを残したものが白米。この胚芽とヌカには、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが豊富に含まれているのです。例えば、玄米のビタミンB2は白米の約2倍、ビタミンEは約5倍、ビタミンB1は約8倍も含まれ、玄米の栄養素は圧倒的に白米より優れているのです。玄米の育毛効果玄米による育毛効果はいかほどでしょうか!?玄米の栄養素は...

育毛と生活習慣は密接に関連しています。生活習慣が乱れれば、あっという間に抜け毛に繋がってしまいます。育毛のためには、生活習慣の改善は必須と言ってよいでしょう!適切な生活習慣を実践して上で最高の育毛剤を使えば、効果は抜群。皆さんは育毛のためにどんな生活習慣の改善を行っているでしょうか?生活改善体験■育毛とストレス■育毛と睡眠不足■育毛と青汁