本当にいいの!?病院処方のプロペシアを使って不満を感じたら検討した8つのこと

男性型脱毛症の治療のためプロペシアだけを「病院から処方してもらっている」または「処方してもらおうと思っている」なら検討してみたいことがあります。

 

 

プロペシアを病院で処方してもらうメリット

AGA治療で病院に通っていてメリットとなることは

 

・医師の診断の元で服用するから安心。
・もし副作用が起きたら医師にすぐ相談できます。これは最大のメリットとなるでしょう。
・国産のプロペシアを処方されるので偽物の混入リスクはほぼ0%なので安心。
・AGAの治療状況を確かめることもできます。

 

 

プロペシアを病院で処方してもらうデメリット

一方でデメリットもあります。
・毎月の費用が高い。
・病院へ行く手間が面倒。
・病院でプロペシアをもらうのは人目が気になる
・AGAの治療効果は鏡を見れば、自分でもわかる
・毎回、医師に診てもらってもアドバイスや指示はない
・薄毛を医師に診察されるのは恥ずかしい

 

私も以前はプロペシアを病院から処方してもらっていましたが、たいした処置やアドバイスもありませんでしたし、特にメリットもありませんでした。

 

 

 

プロペシアをネット通販で入手

プロペシアはネット通販でも入手できます。
海外製ですが、成分は同じ。
最大の違いは価格。
国内の病院処方だと1ヶ月当たり、8,000~10,000円程度に対し、海外製のプロペシアは6,000円前後です。
さらにプロペシアのジェネリックはさらに安くなります。

 

 

プロペシアを通販で入手するメリット
プロペシアを通販で入手するメリットを考えると
・病院処方より安い。
・病院へ行く手間がいらない
・自宅にいながら手に入る
・人目は気にしなくてよい

 

プロペシアを通販で入手するデメリット
通販を利用するデメリットを考えてみると
・副作用が出たときの対応が分からない
・AGA治療効果が客観的にわからない
・注文しても届かないのでは?
・偽物をつかまされるのでは?

 

 

プロペシアジェネリックをネット通販で入手

通販のメリット・デメリットを理解した上でプロペシアのジェネリックの購入を検討したいと思います。
主なおススメのジェネリックは「フィンペシア」と「フィナロ」。
フィンペシアは知名度NO1、フィナロは最安値。
何れも主成分はプロペシアと同じなので効果・副作用は同様と考えられます。
価格はフィンペシア【1箱100錠】3,000円ほど、フィナロは【1箱100錠】2,500円程度です。

 

服用は1日1錠なので計算すると1ヶ月当たり800~1,000円ぐらい。
病院処方のプロペシアと比較すると圧倒的に安いことが分かります。
単純に価格差は10倍もあります。

 

 

偽物をつかまされないために
まれに偽物のプロペシアを販売しているサイトもあるようです。
そんなことにならないための策としては、口コミで評価の高いサイトを選ぶこと。
口コミ・実体験からおススメはオオサカ堂。
私もこれまで何度も注文してますが、まったく問題ありません。

 

 

まとめ

病院処方によるメリット・デメリット、通販のメリット・デメリットを総合的に考慮し、あなたの優先順位を決めましょう。

 

副作用が心配、医師の診断が欲しいと考える人はやはり病院からプロペシアを処方してもらう方がよいでしょう!

 

副作用がなく、手間や価格を優先したいならジェネリックの購入がおススメとなります。