海外から取り寄せる人気のジェネリック医薬品ランキング

近年、海外から医薬品を個人的に取り寄せる人が増えています。
特にインターネットの普及と共に急速に拡大しているのも事実です。

 

特にジェネリック医薬品を輸入するメリット・デメリット・売れ筋ランキングなどを紹介したいと思います。

 

 

■どんなジャンルの医薬品が人気!?

海外からは、幅広いジャンルの医薬品を入手することができます。

 

特に人気の医薬品ジャンルは、育毛・ダイエット・ED治療・精力増強・早漏防止・避妊ピル・まつ毛育毛・筋肉増強・性病・スキンケア・睡眠ケアなどです。

 

中には知識がないと重篤な副作用に見舞われる薬もありますので十分注意しましょう。

 

他にも「こんな薬も輸入できちゃうの?」というような医薬品もあります。例えば、エイズ・痛風・認知症・糖尿病・心臓病など。

 

 

■ジャンル別ジェネリック医薬品ランキング

ここではジャンル別に主な売れ筋を紹介します。
○育毛
1.フィンペシア+ミノキシジルタブレット
  最強の組み合わせとも言われている育毛薬。
2.カークランド
  ミノキシジル5%配合育毛剤、リアップの廉価版。
3.プロペシア
  AGA治療と言えばコレ。
4.NR09ミノキシジルローション
  ミノキシジル15%配合育毛剤、リアップの上位版。
5.リジン
  フィナステリドやミノキシジルとの併用で効果UP!?アミノ酸。

 

○EDケア
1.カマグラ
  バイアグラのジェネリック。
2.タダリスSX
  シアリスのジェネリック。
3.メガリス
  シアリスジェネリック。
4.スーパータダライズ
  シアリスのジェネリック。
5.メガマックスウルトラ
  性機能強化サプリ。

 

○早漏防止
1.リドスプレー
  男性器の感覚を鈍くさせるスプレー。
2.メガマックススプレー
  陰部の感覚を鈍らせる早漏防止スプレー。
3.ポゼット
  自律神経を抑制、射精までの時間を延ばす内服薬。
4.早漏防止コンドーム
  麻酔成分が内側に塗布してあるので感度を鈍らせ持続力アップ。
5.スイファンソルーション
  塗るタイプの早漏防止漢方薬。

 

○ダイエット
1.マキシマムストレングス
  炭水化物の吸収を阻害。
2.オルリファスト
  脂肪を分解する消化酵素「リパーゼ」の働きを阻害。ゼニカルジェネリック。
3.ゼニカル
  脂肪分解酵素リパーゼの働きを阻害。オリジナル。
4.シュガーバン
  糖分の吸収を抑制し血糖値の上昇押える働き。
5.カーブインターセプト3
  炭水化物の吸収を阻害する成分や脂肪燃焼効果を上げる成分を配合。

 

○スキンケア
1.ユークロマクリーム
  ハイドロキノン4%配合。シミの原因であるメラニンに働きかけ、シミやソバカスを薄くし、美白効果も期待ができる。
2.トレチノインジェル
  含有のトレチノインは皮膚の再生を早める効果があり、ニキビの治療薬として使われている。
3.ヘリオケアウルトラDカプセル
  飲む日焼け止め薬。皮膚がんや紫外線を浴びた後の肌の悪化を予防します。
4.トランサミン
  トラネキサム酸を有効成分とするシミや肝斑(かんぱん)などお肌の悩みに有効な内服薬。
5.BIHAKUEN トレチノイン
  トレチノインは、美肌に効果的であるビタミンAの誘導体。シミ・シワ改善に効果的。

 

○まつ毛ケア
1.ケアプロスト
  ルミガン点眼液と同成分。まつ毛貧毛症治療薬として注目されている。
2.ルミガンソルーション
  緑内障、高眼圧症治療として開発されたが、副作用としてまつ毛の根元に液が付着した場合、まつ毛の育毛・増毛が見られる。
3.ケアプロストプラス
  ルミガンソリューションのジェネリック。まつ毛の育毛に使う人が多い。
4.クリアリン
  目の充血やかゆみの緩和、及びきれいな白い目に変える作用がある。
5.ラティース/ラティッセ
  まつ毛用の育毛剤。ルミガンやケアプロストと同じ成分が含まれています。

 

○低用量ピル
1.トリキュラーED
  自然なホルモン分泌パターンに似せて薬の総含有量を低く抑えている段階型三相性の低用量ピル。国内処方のトリキュラーと同製品でもっともポピュラーなピル。
2.マーベロン28
  体内で自然に生成されるエストロゲンとプロゲスチンの合成物からできている。ホルモンバランス変化による体重変化やニキビ発生が少なく、また不正出血を起こしにくいのが特徴。
3.ダイアン
  プロゲストゲンである酢酸シプロテロンとエストロゲンであるエチニルエストラジオール2種類のホルモンが含まれている。避妊目的以外にもニキビや男性ホルモン性脱毛症、緩やかな多毛症など女性の男性ホルモンによる疾病の治療に使用されている。
4.ヤズ(Yaz)
  新種のプロゲスチンであるドロスピレノンを含有する新しいタイプの避妊用ピル。月経期間を短くするタイプ。
5.マーシロン28
  28日周期に使用され、少量の女性ホルモンを摂取。これらのホルモンが卵巣から毎月放出される卵子の放出を妨げる働きをする。

 

○筋肉増強
1.ファーミア・マッスル
  天然ハーブでテストステロンの分泌腺を促し、身体能力を上げるサプリメント。テストステロンの分泌腺、ヒト成長ホルモンを刺激することにより、筋肉を増強する。
2.スタノゾロール
  アナボリックステロイドと呼ばれる蛋白同化作用を有するステロイドホルモン剤。蛋白同化作用とは、タンパク質の合成を促進する作用のことで、蛋白を細胞内組織に変えていくことによって、筋肉量を増やし筋力を増強する。
3.アナバー
  トレーニング後の回復を加速し、超活性型たんぱく質合成、筋肉密度の基盤作りに貢献する。
4.アナポロン
  アナボリックステロイドの一種で経口服用するタイプの中では非常に効果が高い商品として知られている筋肉増強剤。
5.クレンブテロール
  運動パフォーマンスの上昇を始め、代謝を良くることによる脂肪燃焼、筋肉増強作用が期待できる。

 

○検査キット
1.ピロリ菌検査キット
  自宅で出来るピロリ菌検査キット。ピロリ菌は、胃の粘膜にすみついている、厄介な細菌。胃ガンと密接に関係しており、また色々な病気を引き起こす。
2.エイズ検査キット
  自宅で簡単にHIV感染の検査が可能。
3.クラミジア検査キット
  自宅で簡単にクラミジア検査ができる。検査3回分のお徳用キット。
4.ピロリ菌除菌A(一次治療)セット
  潰瘍治療薬と2種類の抗生物質の計3剤を同時に1週間飲むビロリ菌除菌治療薬。
5.排卵検査+早期妊娠検査キット
  子供を作りたいときに最も妊娠しやすい時期(排卵期)を簡単チェックできる排卵検査キットと妊娠が成立すると分泌されるhCGをチェックし、早期に妊娠をチェックできる早期妊娠検査キットのセット。

 

○鎮痛・解熱
1.日本版ロキソニン
  炎症を引きおこすプロスタグランジンの生合成を抑え、炎症に伴う腫れや痛みをやわらげ、熱を下げる。
2.トラマドール
  薬効成分「トラマドール」を含有する合成オピオイド(非麻薬性)鎮痛剤。
3.テルネリンジェネリック
  筋肉のコリをほぐし痛みを和らげるとされる薬テルネリンと同成分チザニジン2mg錠。
4.アリナミンF
  アリナミン-Fの配合成分であるB1誘導体「フルスルチアミン」はタケダが独自に開発した成分。肉体疲労時などの栄養補給剤。
5.ボルタレン25
  上気道炎に伴う炎症やはれ、筋肉や関節の痛みを軽減。

 

 

■なぜ海外からジェネリックを取り寄せる!?

 

○国内では入手できないから
海外ジェネリック医薬品の多くは、国内では入手できないので海外から取り寄せる必要があるのです。

 

どんな医薬品でも国内で販売するためには厚生労働省に認可が必要です。
特に日本におけるジェネリック医薬品の承認基準は、他の国と比べて圧倒的に厳しいものとなっています。

 

特許の切れた医薬品のジェネリックの多くは国内の製薬会社が作っています。

 

海外で認可されているジェネリック医薬品が、日本で認可されるにはかなり高いハードルを越える必要があるようです。

 

 

○特許が切れてないのに海外では製造されている
インドでは2005年までは医療品を含む化学品に物質特許が付与されませんでした。
そのため特許が切れる前の医薬品をジェネリックとして製造できるのです。

 

例えば、ED治療薬のジェネリック医薬品については、バイアグラ以外の薬の特許権はまだ切れていません。

 

しかし、海外では以前からバイアグラのジェネリック医薬品の「カマグラ」やシアリスのジェネリック医薬品の「タダリス」などの薬が販売されています。

 

またAGA治療薬として国内ではプロペシアが病院で処方されますが、特許が切れていないにもかかわらず「フィンペシア」などいろいろはジェネリック品が海外では販売されています。

 

○海外ジェネリックは安い
国産のジェネリックは価格がなぜか高い。

 

例えば、バイアグラ。
オリジナル:50mg1錠当たり1,500円
国産ジェネリック:50mg1錠当たり1,000円
バイアグラジェネリック:50mg1錠当たり264円
参考値ですが、ジェネリックなら1錠当たり200~500円ぐらいと国産よりかなり安いのです。

 

またプロペシア。
プロペシアの病院処方は1ヶ月当たり10,000円。
ジェネリックのフィンペシアなら1ヶ月当たり1,000円未満と圧倒的に格安。

 

 

 

この様にいろいろな理由が重なり海外から医薬品を取り寄せる人が増えています。

 

ただ、海外から取り寄せた薬の服用は自己責任となります。安易に服用して取り返しのつかない重篤な副作用に見舞われるリスクもあります。

 

正しい知識がないままの安易な自己判断は避けるべきでしょう。

 

 

■取り寄せるにはどうすればよい!?

海外ジェネリック医薬品を入手する最も一般的な方法は、個人輸入代行業者を利用すること。

 

 

個人輸入代行というと面倒な書類を作成しないといけないようなイメージですが、そんなことはありません。
商品を注文するだけで、通関、配送などの個人輸入にかかわる手続きは代行業者がすべてやってくれます。
個人輸入といっても一般的なネット通販とほぼ同じです。

 

また個人輸入代行業者を利用すると高額な費用を請求されるのではと考えがちですが、決してそんなことはありません。

 

 

個人輸入代行業者とは、個人輸入に必要な手続きを代行してくれる業者のこと。

 

 

 

特にネット上で展開している個人輸入代行業者なら普通にネット通販を利用するのとほとんど違いがありません。

 

製品を注文して届くのを待つだけです。税関など煩わしい手続きはすべて代行してくれるのです。

 

 

■海外ジェネリック医薬品輸入のメリット・デメリット

個人輸入代行業者を使って医薬品を海外から輸入するに当たって当然メリット・デメリットがあります。

 

○メリット
国内では販売されていない医薬品を入手できる。
国内で購入するより安く入手できることがある。
円高になれば、より安く買える。
病院に行く手間がかからない。
人目を気にせず購入できる。
手軽に購入できる。
価格が安いので継続しやすい。
輸入に関する手間はない

 

 

○デメリット
偽物・商品を送らないなど悪質な業者もある。
副作用のリスクは自己責任。
国内で認可されていないので不安。
購入前に十分な知識が必要。
医師のアドバイスがない。
円安になると購入価格は高くなる。
説明書が英語。
後払い・着払いはできない。