勃起力(ぼっき)を改善する!50代男性が徹底調査、中折れ防止策9つ

「性交時に十分な勃起力が維持できずに中折れしてしまう」
「一人マスターベーションはいいけど、いざセックスとなると勃ちが悪い」
「勃起はするが十分に硬くならない」
「妻とだけ途中で萎えてしまう」

 

 

こんなお悩みありませんか?
「性欲はあるのですが、性交のときに勃起しなくなってしまいました。いろいろ努力してみましたが、努力するほどに緊張し、いっこうに改善の兆しがありません。男性失格のような気がして何ごとにもやる気も出ません
前戯のときは硬く勃起していたのに、いざ本番というタイミングや、挿入後しばらくするとペニスが萎えてしまう……。」

 

このような中折れ問題はしばしば耳にするお悩みですが、男性にとってはぜひとも防ぎたい恐ろしい死活問題ですよね。パートナーとの濃密な時間を愉しみたい、そして気持ちよくなりたいという気持ちが強ければ強いほどショックは大きいのではないでしょうか。
今回はそんな「中折れ」についてじっくりと解説します。原因や改善方法がわかれば、きっと元気に挑むことができますよ?
中折れは医学的にはED(勃起障害)と呼ばれます。

 

 

 

■なぜ勃起力が弱まってしまうのか

 

EDの原因は、メンタルな要因による心因性と血管や神経の障害による器質性の2つに大きく分けられます。
それぞれの原因を簡潔にまとめました。

 

 

●心理的な要因
ストレス、不安、うつなどの心理的な要因はEDの原因のひとつになります。
この場合、カウンセリングや薬の服用で簡単に治ることもよくあります。
20~40代の若い人にも多い症状です。

 

パートナーとセックスしたときに「ちっちゃいね」などとペニスのサイズをからかわれたり「エッチ下手だね」などと言われては、オトコの自信が打ち砕かれてしまいますよね。違う女性とセックスしても、過去の言葉が気になって「へたくそだと思われてるのかも……」などと不安になり、興奮しきることができなくなってしまいます。

 

同じように、仕事や経済的な不安が頭を占めていることで満足にセックスに没頭できず、中折れしてしまうというのが30代以上の男性に多いようです。

 

さらに一度中折れを経験した男性は、そのトラウマや「また萎えたらどうしよう」といった不安から勃ちづらくなってしまうことが多いようです。

 

 

 

●加齢
歳をとれば生殖能力が落ちるのは当然のことですが、特に血管障害と筋肉の衰えが中折れの大きな原因となっています。

 

まずは血管障害ですが、40歳を過ぎると血管が細くなり血流も弱まっていきます。すると勃起を維持するのに充分な量の血液がペニスに送られず、中折れしてしまいます。

 

年齢が上がるとともにEDになる割合は増えます。
血管や神経に様々な障害が起こるからです。
ペニスの陰茎に血液を送るために必要な血管機能に加齢とともに障害が起こり、勃起する時、十分な血液が流れ込まないので勃起しにくくなります。
また、ホルモンの分泌も減ってくるのでセックス意欲も落ちてしまいます。

 

加齢に伴うEDは避けられませんが、中高年になってからも勃起機能を維持するためには、普段からEDの原因となりうる病気の予防、生活習慣などに注意することが重要です。

 

 

 

●相手との関係の変化
これは、夫婦の営み限定で中折れしてしまうという男性に多くあてはまるパターンです。「妻を性的対象として見れなくなった」という声は、よく中高年男性の飲み会などで聞こえてきますよね。

 

残念ながら奥さんに女性としての魅力を感じられなくなったという他にも、長年の夫婦生活によって二人の関係は変化していくもの。「相手に愛情はあるけど、セックスはしたくないな」という気持ちになってしまうと、求められてセックスしても興奮が持続しないために中折れしてしまうのです。

 

 

ただ、ここで注意したいことがあります。夫婦関係の変化による中折れを放っておくと「性嫌悪症」に陥ってしまうおそれがあるのです。性嫌悪症とは、性接触や性的なムードを嫌悪してしまうこと。極端な例では、奥さんに触れられただけで払いのけてしまうほど深刻なケースにいたることもあります。

 

長く連れ添っていきたいパートナーならば、二人の関係が手遅れになる前に改善すべきですね。

 

●妻にだけED
妻以外の女性とは何の問題もなくSEXできるのに妻とはできないのがこのタイプ。
心因性EDの一種です。
「特定の関係では興奮しない」という経験がある人は多いのではないでしょうか?
性欲を司る性中枢を切ってしまうことで発症します。
このタイプのEDは、結婚後一定期間を経た40歳以上の中高年に多く、理由はさまざま。

 

もっとも多い理由は、妻を女性として見られなくなっているケース。
妻を対象にしては性欲が湧かなかったり、性的興奮を得られないという人が多い。

 

 

●マスターベーションのし過ぎ
自慰行為のしすぎで中折れになるケースもよくあります。自慰のときは射精できるのにセックスだとできないという人は、身体の機能に問題はありませんので、自慰のやり方を見直す必要があるでしょう。

 

なぜならこのような場合は自慰の際に、ペニスに強すぎる刺激を与えていることが原因だから。ペニスを強すぎる力で握っていたり、床などの硬いものに押しつけたり、ハイスペックなオナホールなどの道具を使ったりしていると、ペニスへの刺激が過剰になってしまいがちです。こうした方法を続けていると、強い刺激がなければ射精できない身体になってしまいます。

 

 

女性の膣の収縮力はそれほど強くありません。そのため刺激が足りず射精できないまま長時間が経過し、ペニスが萎えてしまうのです。

 

また、毎回お気に入りのオカズで自慰をしているという人も要注意。パブロフの犬のごとくそのオカズと射精が条件付けされ、それなしではイケなくなってしまうかもしれません。

 

 

●病気
EDの原因として最も多いのが、糖尿病や心臓病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病です。
これらの生活習慣病が原因となり、血管や神経が障害を受けて起こるEDす。
また、喫煙や過度の飲酒もEDを引き起こす原因と考えられています。

 

●神経系の障害
脳腫瘍、脳出血、脳外傷、アルツハイマー病、パーキンソン病などの疾患もEDの原因となります。
正常な勃起のためには、性的刺激を受けた脳が神経を介して信号を陰茎に送ります。
上記の病気が神経に障害をもたらしEDを引き起こします。

 

●手術や外傷
前立腺がん、直腸がん、膀胱がんなどの手術でその周囲にある血管や神経が損傷することでEDになることがあります。脊髄損傷も同様です。

 

前立腺肥大などの泌尿器系の疾患や腎不全、陰茎の先天性の疾患などはEDの原因となります。

 

また血液透析を受けている人は、ホルモンが変化したり、全身の動脈硬化や神経障害が進行するためにEDが起こりやすくなります。
他に椎間板ヘルニア、脊髄腫瘍、多発性硬化症などの疾患もEDの原因となることがあります。

 

●薬の副作用
何かの病気を投薬治療中だったり常備薬を場合、副作用によって中折れが生じることがあります。もちろんすべての処方薬に中折れのリスクがあるわけではありませんし、薬の服用が終われば改善されますが、不安であれば主治医の方と相談してみましょう。

 

 

 

■勃起力改善

勃起させるためにはペニスの血流を改善
血流改善するためには、さまざまな方法があります

 

 

ストレス
●心理的な要因を除去
ストレス、不安、うつなどの心理的な要因はEDの原因のひとつになります。
この場合、カウンセリングや薬の服用で簡単に治ることもよくあります。
20~40代の若い人にも多い症状です。

 

パートナーとセックスしたときに「ちっちゃいね」などとペニスのサイズをからかわれたり「エッチ下手だね」などと言われては、オトコの自信が打ち砕かれてしまいますよね。違う女性とセックスしても、過去の言葉が気になって「へたくそだと思われてるのかも……」などと不安になり、興奮しきることができなくなってしまいます。

 

同じように、仕事や経済的な不安が頭を占めていることで満足にセックスに没頭できず、中折れしてしまうというのが30代以上の男性に多いようです。

 

さらに一度中折れを経験した男性は、そのトラウマや「また萎えたらどうしよう」といった不安から勃ちづらくなってしまうことが多いようです。

 

 

・妻とのEDの意識を変える

 

・若さを保つ
現役をいつまでも続けるためには、脳の老化を防ぐとともに、日頃から女性に対する気持ちを持ち続けましょう。
女性と恋をしたり、旅行にいくなどして楽しむことが若返りにつながります。

 

 

 

 

〇食事
食事面では「アルギニン」が不足していないかをチェックしてみてください。

 

アルギニンは、体内でアミノ酸の一種であるシトルリンに変わり再度アルギニンに変わりますが、この変化の過程で血管拡張効果のある一酸化窒素を生み出します。血管が膨張すれば血流がよくなり、ペニスにもたくさんの血液が送られますから、勃起力の改善や向上に大切な栄養素というわけです。

 

ちなみにアルギニンは、肉類や大豆類に多く含まれています。だからといって肉類ばかりを食べていては健康に良くありませんから、ダイエットにも役立つ大豆食品やナッツ類などからも得るといいでしょう。

 

ここで注意すべきポイントがあります。アミノ酸の一種であるアルギニンは、ビタミンやミネラルと同じく一度に大量摂取したからといって、効果が増すわけではありません。他の食材と一緒にバランスよく食べてくださいね。

 

 

〇睡眠
睡眠は、生物にとってなくてはならない時間です。細胞の構築や修復を行う成長ホルモンの分泌を促したり免疫力を高めるなど、ただの休息時間ではなく、身体のメンテナンスに大きな影響を及ぼします。

 

睡眠の質を向上させるだけで身体の不調が緩和されたり、気持ちも前向きになることができますよ。そのための簡単な方法をご紹介します。

 

 

〇滋養食品の摂取
滋養食品には勃起不全の緩和や精力増強効果が期待できます。

 

滋養食品といえば、すっぽんや牡蠣、うなぎ、ニンニクなど。

 

スッポンには、亜鉛や必須アミノ酸をはじめ、コラーゲンやリノール酸、ビタミンB群、カルシウム、鉄などが豊富に含まれ、精力増強作用があるとされます。

 

牡蠣(カキ)は、昔から滋養強壮に効くと言われ、精力増強に効果的な亜鉛を始め、タウリンやグリコーゲンが豊富に含まれています。

 

うなぎは、亜鉛やビタミンA・B・E、EPA、DHAなどが含まれ、栄養価の高い食品で「精力をつける」とされています。

 

ニンニクも男性ホルモン分泌を促すアルギニンや血管拡張を促すアリシンなどを含んだ精力増強食として知られています。

 

これらは積極的に食べたい食品です。
ただ効果を発揮するには継続的に摂取する必要がありますが、難しい場合はサプリメントを併用するとよいでしょう。

 

他にもニラ・生姜・山芋・大豆・レバーなどもいいでしょう。

 

 

〇サプリメント
食事からだけ摂取するのは難しいのでサプリメントを利用するのが一般的。
代表的なサプリ成分には、すっぽん・まむし・マカ・亜鉛・アルギニン・ウコン・冬虫夏草・高麗人参・オットセイ・トナカイの角・サソリ・ローヤルゼリー・ガラナなどなど。

 

商品には単独成分のものや複合したもの、錠剤やドリンクなどさまざま、価格もピンキリです。

 

まずは自分の予算に合った商品を試してみるとよいでしょう。

 

◎シトルリンと亜鉛の働き
・シトルリン:血流促進効果が強いため、ペニスへの血流を促してくれる。
・亜鉛:テストステロンの分泌効果が期待でき、勃起力を高めてくれる。

 

 

 

 

飲酒

 

喫煙

 

 

〇運動
勃起には骨盤底筋群という筋肉が深く関わっていますから、筋トレによって中折れ解決へアプローチすることも可能です。

 

 

血流、新陳代謝、免疫力の改善は、ED・勃起不全対策に結びつきます。

 

筋トレを行うことで血流、新陳代謝が改善され、陰茎海綿体への血液流入量が増え、勃起力が向上するとされます。
特にお尻や太ももの「大殿筋」「大腿四頭筋」「大腿二頭筋」を鍛えることが効果的と言われています。

 

スクワット
骨盤底筋群は内転筋(内ももの筋肉)と繋がっているので、内転筋を重点的に鍛えることができるスクワットが効果的です。ちなみに、セックスの際は下半身の筋肉を多く使うため、スクワットによって太ももや足全体が鍛えられるとスタミナの向上にもつながります。

 

 

 

肛門締めトレーニング
また、骨盤底筋群をダイレクトに鍛えるには、 肛門締めトレーニングもオススメです。

 

◎肛門締めトレーニング方法
①5秒間お尻の穴をキュッと締めて、5秒間緩める
②これを10回1セットとして、気づいたときにこまめにやる
どこでもできる簡単なエクササイズですが、早い人であれば、2~3週間で勃起力を実感できるそうですよ。電車の中や信号の待ち時間など、スキマ時間を活用しましょう?

 

 

〇病気を治す

 

 

 

 

〇生活習慣改善
まずは生活習慣病を予防することが、EDの予防・改善につながります。

 

例えば適度な運動は、血液の流れを改善し、血管や心臓・肺など循環器系を強化、整えます。
また、運動することでメタボリックシンドロームの改善、糖尿病や高血圧などの生活習慣病を予防したり、ストレスを解消するのでEDの予防・改善には有効です。
特にジョギング、ウォーキングなどの有酸素運動がおススメ。
無理せず、自分の合った運動を行いましょう。

 

食事に関しては、栄養バランスを考えた食事が大切。
偏った食事や過剰摂取カロリーは生活習慣病の元。
加齢とともに基礎代謝が落ちるので特に中高年以降は、食事量に注意しないとすぐに肥満になってしまいます。
栄養価が高くかつカロリーの低い食事を心がけましょう。

 

高カロリーの食事を続けると高脂血症や肥満の原因になりますし、勃起障害につながります。
またタバコやお酒などの過剰摂取はEDの原因になり得ます。

 

 

〇マッサージ
ペニスや精巣をよくマッサージする方法。
マッサージすることでペニスの血行をよくし、精子をつくる精巣を鍛えるのが狙いです。
この方法も根拠があるとはいえませんが、皮膚の抵抗力が高まる方法とはいえそうです。

 

また肛門の前方にある前立腺をマッサージする方法も知られています。
前立腺は精液の製造に大きくかかわり、たっぷり精液があると性感が高まり、勃起力を高めることにつながります。

 

 

〇セックス・オナニーをする
セックスでもオナニーでも射精をすることがED予防になります。
射精しないでいると機能が衰え、勃起力が弱まります。
使わない筋肉が衰えるのと同様、勃起の力も落ちてしまいます。

 

勃起することで陰茎にある海綿体の萎縮を防止することができ、射精時には陰茎や前立腺の血流がよくなります。

 

中高年男性でも定期的にSEXをしている男性はEDになりにくい。
定期的に勃起することで、海綿体の血管の収縮を防ぐので機能が維持され、器質性のED防止に有効となります。
また、定期的に性的な刺激があれば、ホルモンの分泌も活発になるのです。

 

オナニーでも十分に期待できます。
勃起することが重要なので射精にはこだわらなくても良いでしょう。
ただ、過度に刺激の強いオナニーはEDを招く可能性があります。
オナニーは過剰な快楽に走らず、あくまでもペニスを勃起させることを主眼に置いて行いましょう。

 

 

〇ED治療薬
EDを克服する最短の方法がED治療薬を使うこと。
病院でも最初は、ED治療薬を処方します。

 

代表的な治療薬は、バイアグラ・レビトラ・シアリスの3種類。
「PDE5阻害薬」といわれ、血管の拡張を阻害する酵素「PDE5」の働きを阻害し、血管を拡張させる一酸化窒素を分泌させることにより、勃起を促します。

 

この薬の服用は根本治療とはなりませんが、一時的な効果・即効性は他のどの方法よりも優れているので重宝されています。

 

バイアグラはED治療薬として世界で初めて製品化され知名度はNo1。
反面、食事や飲酒の影響を受けやすい。

 

 

 

■3大ED治療薬比較

1.バイアグラ
1998年にアメリカの製薬会社ファイザーから発売された史上初の飲むED治療薬。
知名度が高いことから世界でもっとも愛用されている。

 

製薬会社:ファイザー(米国)
主成分:シルデナフィル
用量:25mg、50mg、100mg
特徴:知名度はNo1、ガツンと効く
勃起効果:強い
服用のタイミング:性行為1時間前、空腹時は30分程度で作用
作用時間:最低5時間程度
食事の影響:食事や飲酒と併用すると効果半減の可能性あり
主な副作用:顔のほてり、目の充血、頭痛、動悸、鼻づまりなど
併用禁忌薬:あり
参考価格:50mg1錠1,500円
バイアグラ100mgがレビトラ・シアリス20mgに相当します。

 

2.レビトラ
バイアグラに続き、2004年にドイツの製薬会社バイエルから発売されたED治療薬。
レビトラの特徴としてはバイアグラよりも早く効果が表れ、しかも強い効果が得られる点。
ED治療薬のなかでもっとも効果が強力。

 

製薬会社:バイエル(ドイツ)
主成分:バルデナフィル
用量:5mg、10mg、20mg
特徴: 即効性が最も優れ、短時間でガツンと効く
勃起効果:最強
服用のタイミング:性行為1時間前、空腹時は20分程度で作用
作用時間:10mgは最低5時間程度、20mgは最大10時間程度
食事の影響:食事の影響は受け難いが条件あり。
主な副作用:顔のほてり、目の充血、頭痛、動悸、鼻づまりなど
併用禁忌薬:あり
参考価格:10mg1錠1,500円
レビトラ20mgはバイアグラ100mgに相当
レビトラの購入
3.シアリス
2007年、アメリカの製薬会社イーライリリーから発売され、3大ED治療薬のひとつとなりました。
シアリスの特徴は、バイアグラやレビトラよりも薬の有効期間が長いこと、食事の影響を受けにくいこと、マイルドな効き具合であること。
また火照りや鼻づまりなどの副作用も少ない。

 

バイアグラやレビトラのように強力な効果でペニスがギンギンに勃起するのを好まず、マイルドな効き具合を望む男性には特に人気が高い。

 

製薬会社:イーライリリー(米国)
主成分:タダラフィル
用量:5mg、10mg、20mg
特徴: 作用時間は最長、自然な勃起、副作用は少ない
勃起効果:自然な勃起
服用のタイミング:性行為3時間前
作用時間:10mgは20~24時間、20mgは30~36時間
食事の影響:食事の影響は最も受けにくいが条件あり。
主な副作用:頭痛、ほてり、消化不良、鼻づまり、四肢痛など
併用禁忌薬:あり
参考価格:10mg1錠1,700円
シアリス20mgはバイアグラ100mgに相当

 

 

■まとめ

加齢と共にEDになる割合は高くなります。
EDの予防や治療には、まずは心身ともに健康な体作りが重要です。
そのためには食事・睡眠・ストレス・飲酒・喫煙など生活習慣を見直しましょう。
さらに定期的な性生活やオナニーを続けることが予防につながるのです。

 

勃起力が弱まったと感じたら滋養食品やサプリメントを利用するのもひとつの手です。

 

それでも効果に満足できなければ、ED治療薬(バイアグラ・レビトラ・シアリス及びジェネリック)を使うのが有効です。