本当に痩せるのか?噂のダイエット薬ゼニカルを徹底検証してみたい

飲んだら痩せるそんなダイエット薬があれば、こんなに嬉しいことはありません。
でもそんな薬があるとはにわかに信じ難い。

 

 

ダイエットの薬と言っても体の脂肪を分解するのではなく、摂取カロリーの吸収阻害、食欲抑制、脂肪燃焼促進など作用が異なる商品がいろいろあります。

 

 

 

カロリーの吸収を阻害するダイエット薬

食べたものが体に吸収されなければ、体重は増えないはず。
そんな考えに基づいて作られているのがこの種の薬。

 

国内ではファンケルの「カロリミット」が有名。
カロリミットに含まれる成分が、脂質・糖質・炭水化物の吸収を抑え、肥満防止の効果が期待できます。

 

 

海外で人気を集めているのがゼニカル。
これは脂肪の吸収を抑制するダイエット薬です。

 

 

脂肪吸収を阻害するゼニカルの働き
ゼニガルは、脂肪の吸収を減らすことで痩せることができるダイエットピルです。

 

通常、摂取したほとんどの脂肪は胃で体に吸収されます。
吸収にはリパーゼという酵素が必要になります。
このリパーゼの作用で胃に入った脂肪のほとんどが体内に吸収されます。

 

ゼニカルは、このリパーゼの働きを弱めます。。
リパーゼが作用しなくなることで脂肪の吸収を約30%抑えるとされます。
食事で摂取した脂肪をそのまま排便で出します。
食べても脂肪を吸収しないのでカロリー摂取量が減り徐々に体重が落ちることが期待できます。

 

この方法なら食べたい物を我慢せずに太らないという特徴があり、楽して痩せることができるという夢のような薬。

 

 

ゼニカルの安全性
ゼニカルが普通のダイエット薬やサプリメントと違うのは、アメリカ食品医薬品局(FDA)の認可を受けている医薬品ということ。
つまり信頼性が高いことを表しています。

 

 

ゼニカルの副作用
ゼニカルは体内に入った油を脂肪酸に分解するリパーゼを押さえるだけの作用なので健康を害するような副作用はないとされています。
ゼニカルは安全性の面でも医学的に実証されています。

 

ゼニカルの主な副作用は下痢しやすなること。
またおならと一緒に油が漏れ出てしまうことも。
他にビタミン不足、稀に肝臓や腎臓に負担がかかることがあるとも言われています。

 

 

ゼニカルのジェネリック
有名で人気のある医薬品にはジェネリックが存在します。
ゼニカルのジェネリックには、アライ・オベリット・オルリファスト・ビーファットなどがあります。

 

何れも効果はゼニカルと同様なのに価格は安く設定されています。
ゼニカルが気に入っているならジェネリックを試すのもよいでしょう。

 

 

痩せる薬ゼニカルのまとめ
ゼニカルは、カロリー摂取が多い人にはかなりのダイエット効果が期待できます。

 

ただ下痢気味になりますので注意が必要です。

 

初めのうちは、外出しない日に自宅で試すとよいでしょう。
どの程度、お腹がゆるくなるか分かります。
出先でもらしたくはないでしょ。

 

服用しても自分自身がコントロールできると分かったら外でも使ってみたいもの。

 

常用するのではなく大食いしそうなときに使うと良いでしょう。