海外には国内では入手が難しいけれど優れた医薬品が存在します。
多くの海外医薬品は優れているのに国内では認可されていないのでドラッグストアなどでは入手できないのです。

 

ただ個人輸入代行業者を使うことで入手できるようになります。
個人輸入代行業者は、個人的に輸入したい場合に係る手続きを代行してくれる業者。
商品の注文、支払い、通関、配送などの手配をすべてしてくれます。

 

なので私たちユーザーにとっては普通のネット通販と変わりありません。
商品を選んで支払うだけで商品が届きます。

 

 

当サイトでは国内では入手が難しい海外の育毛・ED治療・避妊ピルなどの優れた医薬品を紹介しています。

 

 

 

 

海外医薬品の個人輸入は認められている

 

個人的に使用するために海外の医薬品を輸入することは認められています。
ただし、1回に購入できる個数制限があったり、転売目的で購入することは認められていません。

 

個人が海外から商品を輸入するためには書類の手続きが必要ですが、煩雑なので手続きを代行してくれ「個人輸入代行」のサイトを使うのが一般的です。

 

医薬品の輸入代行サービスとしては、「オオサカ堂」や「くすりエクスプレス」が有名で信頼性が高い。
ここが面倒な輸入の手続を代わりに行ってくれます。
私たちにとっては通販サイトを利用するのと同様の感覚で海外から医薬品を取り寄せることができます。

 

 

 

海外医薬品のメリット・デメリット

メリット
・安価に高い効果を得ることができる。
・国内では入手できない薬を入手できる。
・費用対効果の高い製品が多い。
・保険が適用されない治療は安い。
・病院に行かないくても薬を入手できる。
・病院に行く手間がない。
・服用すべき医薬品の種類は分かっている人には便利。
・薬によっては恥ずかしくて病院に行きたくない人にはいい。
・使用のために医薬品について自分で勉強できる。

 

 

デメリット
・使用に関して効果・副作用などすべて自己責任。
・医師の診断がない。
・薬の効果・副作用などを自分で勉強しなければならない
・正しいサイトを使わないと偽物をつかまされることもある。
・海外からな配送なので到着まで時間がかかる。

 

 

 

国内にいながら入手できる海外医薬品

主な製品ジャンルとして検査キット、放射線障害予防剤、ED治療薬、育毛ケア、ダイエット薬、食欲抑制、脂肪燃焼、メンタルヘルス、ストレスケア、睡眠ケア、記憶力向上、健康サプリメント、バストアップ、アンチエイジング、禁煙補助、花粉症、抗アレルギー、インフルエンザ、スキンケア、低用量ピル、女性ホルモン剤、甲状腺ホルモン、副腎皮質ホルモン剤、筋肉増強、抗がん剤、性病、ヘルペス、尖圭コンジローマ、口内炎・歯痛・口腔関連、HIV(AIDS)、水虫、イボ、わきが、体臭、口臭、痔、解熱、筋肉痛、肩こり、偏頭痛、痛風、目薬、睫毛、認知症、消化器官、糖尿病、心臓病、コレステロール、高血圧、脳卒中、利尿剤、喘息、便秘、ベビーパウダー、性器増大、潤滑油・避妊具、興奮・媚薬、早漏防止など幅広いことが分かります。

 

特に人気なのが育毛薬、ED治療薬、低用量ピル、ワキガ治療薬、ダイエット薬、シミ改善薬などの正規品及びジェネリック医薬品です。
これらの商品は国内の病院処方が必要なかったり、価格が安いのが特徴です。